コラム  608件

本のある生活

第308回 最後に買い物

Published 9月 13, 2017 at 2:09 PM - No Comments

前山 光則  7月10日、朝。もう「島尾敏雄生誕100年記念祭」も昨日で終わってしまい、今日は帰らなくてはならない。名残惜しくて、午前5時過ぎには外へ出てみた。宿の前の道路を、若い男女たちがぞろぞろ歩く。盛り場で呑んで、騒いで、今帰るところらしい。電信柱脇に寝っ転がっている者もいる。夜通し飲ん
続きを読む..
更新:2017.09.13

第308回 最後に買い物…
第307回 街なかでミキを飲…
第306回 一たす一も知らな…
第305回 加計呂麻島の浜辺…
第304回 久しぶりに奄美へ…
第303回 川風に吹かれた…
第302回 かかあ天下とうど…
第301回 函館と啄木の歌…
第300回 網走にて…
第299回 知床半島へ…
もっと見る >
弦書房週報

弦書房週報 第61号

Published 8月 1, 2017 at 7:41 PM - No Comments

『玄洋社とは何者か』の刊行を記念して、著者・浦辺登さんによる講演会を開催します。 「近代史の穴?」 福岡を拠点とした玄洋社ついての全体像を、玄洋社研究30年以上の浦辺登さんがわかりやすく紹介します。       「9/1(金)『玄洋社とは何者か』刊行記念 浦辺登さんトークショー」
続きを読む..
更新:2017.08.01

弦書房週報 第61号…
弦書房週報 第60号…
弦書房週報 第59号…
弦書房週報 第58号…
弦書房週報 第57号…
弦書房週報 第56号…
弦書房週報 第55号…
弦書房週報 第54号…
弦書房週報 第53号…
弦書房週報 第52号…
もっと見る >
産業遺産巡礼

file31 東北大学史料館

Published 9月 19, 2017 at 2:05 PM - No Comments

市原猛志   【1925年竣工/仙台市青葉区/鉄筋コンクリート造2階建】    東北大学片平キャンパスは、その前身校のひとつである旧制第二高等学校と東北帝国大学の施設群を現在でもキャンパス内の各所に遺しており、青葉山キャンパスへの統合移転計画を一部変更して、施設の多くは現在耐震工事を経て新た
続きを読む..
更新:2017.09.19

file31 東北大学史料館…
file30 旧観慶丸商店…
file29 旧登米小学校…
file28 登米警察署…
file27 水沢県庁記念館…
file26 今井眼科医院…
file25 原油処理施設群…
file24 新津油田動力室…
file23 新津石油の里公…
file22 上田電鉄別所温…
もっと見る >
TOPICK アーカイブ
石にきざむ

第十六回 電信柱が語る

Published 5月 18, 2017 at 10:19 AM - No Comments

浦辺登   『南洲遺訓に殉じた人びと』16    平成二十八(二〇一六)年六月、一本の電柱に看板が付いた。場所は現在の福岡県筑紫野市二日市中央四丁目になる。その電柱看板には「二日市の夢野久作」として、夢野久作が書いた『父・杉山茂丸を語る』の一節が記されている。この一本の電柱だが、これによって
続きを読む..
更新:2017.05.18

第十六回 電信柱が語る…
第十五回 幻の薩長筑同盟…
第十四回 「加藤司書公に学ぶ…
第十三回 インド・カリーと加…
第十二回 「石玉があった」…
第十一回 「加藤司書歌碑」も…
第十回 わびしいばかりの「加…
第九回 西公園の平野國臣像…
第八回 平野國臣の思い…
第七回 七卿記念碑から…
もっと見る >

Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.