コラム“晴耕雨読”  602件

第336回 ジャッジャッ・ヒッケン・タカタン

前山 光則  熊本県八代市。この町に住み始めたのが昭和54年(1979)春だった。転勤で移って来たのだから、4、5年ほどで他所へ行くつもりだったのに、身の回りに種々の事情が重なったため住み続け、とうとう39年経ってしまっ
read more..

file58 欅坂橋梁

市原猛志   【1915年竣工/福岡県香春町/煉瓦造石張橋梁(斜橋渠)】    日も暮れかかり、写真撮影には適さない時間にもなってきたが、河内地区からさらに南下してトンネルをくぐり田川郡香春町へと入った。国道から脇道にそ
read more..

第335回 ていねいに生きて行くんだ

前山 光則  人間、誰でも必ず死なねばならない。そうと分かっていながら日々を過ごしているのは、この世が生きるに値するからである。いや、幼い頃は何も考えていなかった。少年期・青年期ですら、ただ闇雲に生活してきただけであった
read more..

file57 南河内橋

市原猛志   【1925年竣工/北九州市八幡東区/鉄骨造レンティキュラートラス】    河内貯水池の見どころは、自然石で装飾された堰堤や橋だけではない。貯水池を南北部に隔てる中間地点にダム湖がややくびれた場所があり、この
read more..

第334回 秋白し

前山 光則  今年の夏の暑さは格別であった。全国各地で40℃越えが報じられ、熱中症にかかる人も多く出て、これはもう「猛暑」というより「異常な暑さによる災害」と見なすべきではなかろうか。妻が7月18日に死去したが、言うまで
read more..

file56 河内貯水池

市原猛志   【1927年竣工/北九州市八幡東区/コンクリート造石張】    関産業用ダムは全国に数多いが、それに美観を兼ね備えたダムはどのくらいあるだろうか。この施設は八幡製鐵所の第三次拡張計画の一環で製鉄業に必要な水
read more..

第333回 水底の墓に刻める線描の……

前山 光則  最近になって、わが家にようやく『石牟礼道子全集・不知火』全17巻・別巻1が勢揃いした。この全集は刊行が開始された時点から1冊ずつ取り寄せていたのだが、あと3冊までとなった頃、勤めを定年で退職した。すると、正
read more..

file55 九州鉄道尾倉橋梁

市原猛志   【1890年竣工/北九州市八幡東区/煉瓦造】    関西から知人が訪れるというので、地元北九州の中でもとりわけ奇観とも言うべき産業遺産を案内しようと車の助手席から色々とガイドした。まず訪れたのが、古くからあ
read more..

第332回 独り住まいとなって

前山 光則  先月18日、妻・桂子が亡くなった。6月に71歳になったばかりであった。昨年秋に膵臓癌の手術を受けて以来、療養を続けてきたのだが、今年の春になって以前病んだことのある乳癌までが再発し、肝臓に転移してきて、どう
read more..

file54 帝国麦酒門司工場醸造棟

市原猛志   【1913年竣工/北九州市門司区/煉瓦造・鉱滓煉瓦造7階建】    最初に見たとき、多くの見学者がその姿に圧倒される。煉瓦造でこれだけの階層をもった建物は日本において稀有であり、今では建築基準法上建てること
read more..

 (602件中) 1〜10件目
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.