コラム“晴耕雨読”  588件

第309回 コキの感慨

前山 光則  この連載コラム、梅雨入り前からずっとあっちこっち旅した話ばかりレポートしてきた。はたと気づくと、おや、もうすっかり秋である。近所の田圃の畔に彼岸花が咲いている。柿の実がだいぶん色づいてきている。早いもんだな
read more..

file31 東北大学史料館

市原猛志   【1925年竣工/仙台市青葉区/鉄筋コンクリート造2階建】    東北大学片平キャンパスは、その前身校のひとつである旧制第二高等学校と東北帝国大学の施設群を現在でもキャンパス内の各所に遺しており、青葉山キャ
read more..

第308回 最後に買い物

前山 光則  7月10日、朝。もう「島尾敏雄生誕100年記念祭」も昨日で終わってしまい、今日は帰らなくてはならない。名残惜しくて、午前5時過ぎには外へ出てみた。宿の前の道路を、若い男女たちがぞろぞろ歩く。盛り場で呑んで、
read more..

file30 旧観慶丸商店

市原猛志   【1930年竣工/宮城県石巻市/木造3階建/市指定有形文化財】    帰宅前日、少しでも見学したいという思いを抑えきれず、仙台の途中で石巻駅に降り立った。6年前の夏に初めて東北を訪れた際、見てみたかった場所
read more..

第307回 街なかでミキを飲む

前山 光則  今度の奄美旅行では、「島尾敏雄生誕100年記念祭」の催しへの参加だけでなく土地の名物も愉しむことができた。第一、3連泊したホテルでは、朝食はバイキングであるが、その中に嬉しいことに鶏飯コーナーもあったのだ。
read more..

file29 旧登米小学校

市原猛志   【1888年竣工/宮城県登米市/木造2階建/国指定重要文化財】    登米地区の中心施設である観光物産館の隣地に小学校が建てられているが、その広い敷地の一角に、コの字型の平面構成をした荘厳な小学校建築が遺さ
read more..

第306回 一たす一も知らないで

前山 光則  7月8日の午後は、昼御飯が済むとまた海上タクシーが来てくれて、みんなを20分ほどかけて同じ加計呂麻島の中の生間(いけんま)へ連れて行ってくれた。ここは波止場も埠頭もあって、ちゃんとした港である。すでにバスが
read more..

第305回 加計呂麻島の浜辺を歩いた

前山 光則  7月8日、快晴。「島尾敏雄生誕100年記念祭」の2日目であり、この日は加計呂麻島散策ツアーが行われた。  午前8時20分頃に集合場所の奄美市役所玄関前へ行ってみると、すでに大勢の人たちが来ていた。30分後、
read more..

file28 登米警察署

市原猛志   【1889年竣工/宮城県登米市/木造2階建/県指定有形文化財】    明治に入り導入された公共機関は数多い。なかでもお白洲といわれた警察・裁判を兼ねた機能は、近代統治制度導入の際に分離され、各地に新たに警察
read more..

第304回 久しぶりに奄美へ

前山 光則  久しぶりに奄美へ行ってきた。  友人が、7月7日から9日にかけて鹿児島県奄美市や瀬戸内町で「島尾敏雄生誕100年記念祭」が催されるゾ、と教えてくれたのである。いや、それは面白い、ぜひ行ってみたいと思って、思
read more..

 (588件中) 41〜50件目
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.