弦書房週報 62件

弦書房週報 第62号

渡辺京二さんが初めてまとめた自らの水俣病闘争論集『死民と日常《私の水俣病闘争》』の発売と、石牟礼道子生誕90年を記念して、福元満治(石風社代表、元・水俣病を告発する会会員)さんと米本浩二さん(『評伝 石牟礼道子』著者)の
read more..

弦書房週報 第61号

『玄洋社とは何者か』の刊行を記念して、著者・浦辺登さんによる講演会を開催します。 「近代史の穴?」 福岡を拠点とした玄洋社ついての全体像を、玄洋社研究30年以上の浦辺登さんがわかりやすく紹介します。       「9/1
read more..

弦書房週報 第60号

2012年に、社会学者・見田宗介氏による『現代社会はどこに向かうか』を第1巻めとして刊行をはじめて以来、好評を得ている「FUKUOKA U ブックレット」。今月上旬の『林権澤は語る』の刊行で第10巻めとなります。 そこで
read more..

弦書房週報 第59号

今年で10回目をむかえた「ブックオカ」。本にまつわるいろんなイベントが開催されています。小社も、リブロ福岡天神店(岩田屋本館7階)にて開催中の『新しい出版社のかたち』フェアに参加しています。 http://bookuok
read more..

弦書房週報 第58号

紀伊國屋書店グランフロント大阪店にて、本日(5/11)より開催しております、《注文出荷制》23社フェアに小社も参加しています。委託配本を行なわない、23の出版社からおすすめタイトルを集めたフェアです。日頃なかなか店頭では
read more..

弦書房週報 第57号

▶石牟礼道子さんにかんするイベントをご紹介します。2014年7月20日(日)に熊本市で「いま石牟礼道子を読む」と題して開催されます。出演者は以下のとおりです。 ・渡辺京二 ・伊藤比呂美 ・谷口絹枝 ・ジェフリー・アングル
read more..

弦書房週報 第56号

▶今年2014年は福岡市出身の作家・夢野久作の生誕125周年。これを記念して5月17日(土)に四方田犬彦(1953年大阪府生まれ。専門は比較文化、映像学)さんによる講演会があります。テーマは「日本人の堕落時代 夢野久作」
read more..

弦書房週報 第55号

▶リブロ西新店にて「ぐるぐるめぐる地元旅フェア」を開催しています。福岡の版元各社が出品しています。これからの旅の計画の参考になれば幸いです。この機会にぜひ各社の作品にふれてみてください。 場所:リブロ福岡西新店/福岡市早
read more..

弦書房週報 第54号

▶ジュンク堂書店福岡店にて開催しています「弦書房10周年フェア」は、おかげさまで好評で、期間を延長して引き続き開催中です。場所を3階の人文書コーナーに移して、2月下旬までの予定です。 ▶この度、『昭和の貌《あの頃を撮る》
read more..

弦書房週報 第53号

▶本年も何とぞよろしくお願いします。 ジュンク堂書店福岡店1Fにて「弦書房10周年フェア」を開催しています。この機会にぜひ小社の力作にふれてみてください。期間は1月下旬までの予定です。 ▶講演会のお知らせです。 法政大学
read more..

 (62件中) 1〜10件目[1][2][3][4][5]...最後へ
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.