弦書房週報 61件

弦書房週報 第51号

▶本年も何とぞよろしくお願いします。 ジュンク堂書店池袋本店4Fにて「弦書房10周年フェア」を開催しています。人文書を中心に選書した書籍を並べています。この機会にぜひ小社の力作にふれてみてください。期間は1月下旬までの予
read more..

弦書房週報 第50号

▶この度、弦書房は第28回梓会出版文化賞特別賞を受賞しました。出版人としてこの賞の受賞は大変光栄です。また小社はこの12月で創立10周年を迎えました。これも小社を支えてくださる皆様のおかげです。ありがとうございます。今後
read more..

弦書房週報 第49号

▶今年小社は創立10年めを迎えます。そこで現在、東京・銀座の教文館で「弦書房10周年フェア」を開催しています。今回は人文書を中心に並べています。期間は7月下旬まで。この機会にぜひ小社の力作にふれてみてください。 ※おかげ
read more..

弦書房週報 第48号

▶リブロ西新店(西新プラリバ6F)で地元出版社合同のフェア、題して「地元愛。フェア」を開催しています。歴史・文化・評伝や街道歩き、山歩き、温泉のガイド本まで、各社の力作を並べています。期間は5月下旬まで。この機会にぜひ地
read more..

弦書房週報 第47号

▶5月12日(土)に丸山豊記念現代詩賞の授賞式が予定されています。詩人として医師として、そして一般の人々には教育者として、丸山豊を慕う人は今も多いようです。今月発売の『丸山豊の声―輝く泥土の国から』を刊行します。表紙写真
read more..

弦書房週報 第46号

◎ 新聞などをみていると「水俣病」と「近代化遺産」関連についての記事が、このところ目立つ気がします。いくつかご紹介します。 ▶水俣病は食中毒事件だとする立場から、公式確認から55年たっても〈食品衛生法〉の定める調査に手を
read more..

弦書房週報 第45号

▶本年も何とぞよろしくお願いいたします。 ▶毎日新聞2012年1月1日 第53回毎日芸術賞に菊畑茂久馬さん。昨年夏の福岡市美術館と長崎美術館で同時開催された展覧会が評価されました。新年早々のうれしいニュースです。 ▷▷『
read more..

弦書房週報 第44号

▶この1年の小社の刊行点数は30点。このうち増刷は8点でした。 2005年から刊行を続けている《近代化遺産シリーズ》のうち福岡県域の4点がすべてそろいました(『北九州の近代化遺産』『福岡の近代化遺産』『筑豊の近代化遺産』
read more..

弦書房週報 第43号

▶「福島自由人・第26号」(北斗の会発行)が届きました。「3・11―美しい自然と精神の継承を信じて」が特集されています。詩人の若松丈太郎さんも「人類は百万年もの〈存在する義務〉を果たせるか―いのちの継承と精神のリレーとを
read more..

弦書房週報 第42号

▶ラフカディオ・ハーン来熊120年記念:舞台『青柳』が上演。台本は平川祐弘氏(東京大学名誉教授)。熊本市の県立劇場で10月27日(木)18時30分から。 ▷▷『ラフカディオ・ハーンの英作文教育』『書物の声 歴史の声』 ▶
read more..

 (61件中) 11〜20件目[1][2][3][4][5]...最後へ
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.