産業遺産巡礼 60件

file60 三井串木野鉱山五反田会館

市原猛志   【1914年竣工/鹿児島県いちき串木野市/煉瓦造2階建】    鹿児島では、煉瓦造で作られるような施設の多くが石造だと前回でも説明した。それは鹿児島では加工が容易な石材(溶結凝灰岩)が豊富に採れたという原因
read more..

file59 九州電力大田発電所

市原猛志   【1908年竣工/鹿児島県日置市伊集院町/石造2階建】    九州で近代に使用された組積材を、いくつかの地域文化圏に分けるとするなら、長崎や福岡、熊本など北部から中部まで幅広く普及した赤煉瓦と関門北九州エリ
read more..

file58 欅坂橋梁

市原猛志   【1915年竣工/福岡県香春町/煉瓦造石張橋梁(斜橋渠)】    日も暮れかかり、写真撮影には適さない時間にもなってきたが、河内地区からさらに南下してトンネルをくぐり田川郡香春町へと入った。国道から脇道にそ
read more..

file57 南河内橋

市原猛志   【1925年竣工/北九州市八幡東区/鉄骨造レンティキュラートラス】    河内貯水池の見どころは、自然石で装飾された堰堤や橋だけではない。貯水池を南北部に隔てる中間地点にダム湖がややくびれた場所があり、この
read more..

file56 河内貯水池

市原猛志   【1927年竣工/北九州市八幡東区/コンクリート造石張】    関産業用ダムは全国に数多いが、それに美観を兼ね備えたダムはどのくらいあるだろうか。この施設は八幡製鐵所の第三次拡張計画の一環で製鉄業に必要な水
read more..

file55 九州鉄道尾倉橋梁

市原猛志   【1890年竣工/北九州市八幡東区/煉瓦造】    関西から知人が訪れるというので、地元北九州の中でもとりわけ奇観とも言うべき産業遺産を案内しようと車の助手席から色々とガイドした。まず訪れたのが、古くからあ
read more..

file54 帝国麦酒門司工場醸造棟

市原猛志   【1913年竣工/北九州市門司区/煉瓦造・鉱滓煉瓦造7階建】    最初に見たとき、多くの見学者がその姿に圧倒される。煉瓦造でこれだけの階層をもった建物は日本において稀有であり、今では建築基準法上建てること
read more..

file53 門司麦酒煉瓦館

市原猛志   【1913年竣工/北九州市門司区/鉱滓煉瓦造・鉄筋コンクリート造2階建】    ゴールデンウィーク期間中、門司港界隈では各種のイベントが催され、多くの観光客でにぎわうが、そこから電車でふた駅のところにある門
read more..

file52 三井化学J工場

市原猛志   【1938年竣工/福岡県大牟田市/鉄筋コンクリート造6階建】    建物における、いわゆるモダニズムと呼ばれる様式には、いくつかの鉄則があるが、その最たるものに構造と機能の一致が挙げられる。建物がその要求さ
read more..

file51 龍湖瀬坑

市原猛志   【1873年開鑿/福岡県大牟田市/炭鉱跡】    三池炭鉱は筑豊や長崎などの炭鉱地帯と違い、その炭鉱史のほとんどの期間を三井一社が採掘していたが、明治初期には官営炭鉱としての歴史を持っていた。明治初期の官営
read more..

 (60件中) 1〜10件目
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.