山岳・アウトドア・ガイド  26件

天草キリシタン紀行

禁教期にも信仰を守り続けた島の人々の《信仰遺産》が、いま世界遺産を目ざす。
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録をめざす12の構成資産のうち、重要拠点として天草の崎津集落がある。ここは、島原天草の一揆のあと、禁教期にも信仰を守り続けた静かな漁村として最近注目を集めている。この集落の中心が、海に面した崎津教会である。礼拝堂が畳敷きで海の教会として有名だ。本書では、この教会でのミサの様子を特別に収録した他、集落に残る隠れ部屋や家庭祭壇の独特な風情など写真200点を収録。また450年の天草キリスト教史等資料も紹介。完全英訳付き。

  • B5判/104頁/並製
  • 978-4-86329-142-3
  • 定価 2100円 (+税)
  • 2016年10月発行
日帰りで登る・九州の山

「山の達人」が選んだ《日帰りで登れる山》105山、73コースを紹介。
著者は登山歴60年の達人。日本各地の主要なほとんどの山々、ヒマラヤ、ヨーロッパアルプスなどを登り続けてきた。本書のポイントは、標高1000メートル前後で、歩行時間が2~8時間、体力・技術力・時間などを心配せずに登れ、初心者・中高年でも時間に余裕を持って登ることができる山・コースを案内。
山の全体像がつかみやすいように写真を充実させ(約370点)、コース案内文と地図も詳細にオールカラーで掲載。
九州の山岳ガイド本のロングセラーで、代表的な山岳を紹介した『決定版・九州の山歩き〈増補〉』を補完する一冊。

  • A5判/204ページ/並製
  • 978-4-86329-114-0
  • 定価 1900円 (+税)
  • 2015年4月発行
熊本の近代化遺産《下》

明治日本の産業革命遺産(世界遺産推薦)の構成資産28のうち「三角港」「万田坑」の2つの遺産を含む114(上巻で45、下巻で69)の近代化遺産群をカラー写真と詳細な解説で紹介。

  • A5判/176ページ/並製
  • ISBN 978-4-86329-096-9
  • 定価 1900円 (+税)
  • 2014年1月発行
熊本の近代化遺産《上》

明治日本の産業革命遺産(世界遺産推薦)の構成資産28のうち「三角港」「万田坑」の2つの遺産を含む114(上巻で45、下巻で69)の近代化遺産群をカラー写真と詳細な解説で紹介。

  • A5判/176ページ/並製
  • ISBN 978-4-86329-095-2
  • 定価 1900円 (+税)
  • 2013年11月発行
別府八十八湯 名人への道

源泉数・湧出量日本一の別府温泉郷で、88ヵ所の入浴を果たし、「温泉名人」を達成した親子の姿を描く。地元の人々との心あたたまる会話や温泉につかりながら父(著者)と6歳の娘が泉質について対話するようすなどがほほえましい。400ヵ所以上はあるといわれる温泉施設の中で、どの温泉にはいればよいのか、迷ったときに、おすすめの一冊。地図、所在地、「温泉名人への道」の対象温泉施設、泉質、特色、入浴料金などのデータも掲載。

  • A5判 200頁
  • 978-4-86329-070-9 C0026
  • 定価 1200円 (+税)
  • 2011年12月発行
筑後の近代化遺産

伝統産業を基礎に近代化ー筑後川、有明海、耳納連山―豊かな自然に囲まれた筑後地区には、伝統産業から発展した久留米の繊維・ゴム産業、大牟田の三池炭鉱・石炭化学コンビナートの他、木工業、醸造業などの関連建築物、さらに石橋、水車、導流堤等の土木建造物が随所に遺されている。本書ではその中から62の個性的な遺産を紹介。◉巻末に約300の近代化遺産一覧付

  • A5判 210頁
  • 978-4-86329-067-9 C0026
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2011年11月発行
素顔のカトマンドゥ

異文化を知る、自分を知るー。日本という異文化にふれて迷い理解し受容することから逆に故郷のカトマンドゥの未知なるものを再発見する。

  • A5判 144頁
  • ISBN 978-4-86329-052-5 C0026
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2011年1月発行
amakusahyakkei
品切れです
天草100景

天草を撮り続けて16年、全島をくまなく歩いて選んだ140景を、カラー写真370枚で鮮やかに描写。歴史、自然、暮らしのすべてがこの一冊でわかります。【目次から】湯島/永目(ながめ)神社のアコウ/古代地層とジオパーク/鬼の城(おんのじょう)公園/通詞島/河浦の虫追い祭り/魚貫(おにき)の秋祭り/ペーロン大会/天竺

  • A5判 284頁
  • ISBN978-4-86329-047-1 C0026
  • 定価 2095円 (+税)
  • 2010年9月発行
決定版 九州の山歩き 《増補》

九州の山道を歩きつくした山の達人がご案内する、好評の登山ガイドの増補版。冬山コースを増補改訂してさらに充実。九州全域から初心者コース、中上級者向のコース、冬山コースを山域別(35エリア)に案内。120山、130コースを厳選した定評ある登山ガイド。

  • A5判 256頁
  • ISBN 978-4-86329-045-7 C0076
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2010年8月発行
九重山 法華院物語〈山と人〉

加藤数功、立石敏雄、弘藏孟夫、工藤元平、梅本昌雄、福原喜代男--自然と歴史のすばらしさを広めることに尽力した6人の山男たちの物語。法華院に伝わる『九重山記』全文と現代語訳を初めて収録。
〈本書の主な内容から〉坊がつる讃歌誕生のエピソード/川端康成の来訪と『千羽鶴』の続編『波千鳥』について/やまなみ道路(九州横断道路)はいかにして建設されたのか

なお、編者の二人は「坊がつる讃歌」の作詞者として知られる。

※特装本(上製函入/限定200部/定価3150円〈税込〉)もあります。詳しくはお問合せください(発送は編者の「法華院の会」からとなります)。

  • A5判・並製・272頁
  • ISBN978-4-86329-034-1 C0026
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2010年2月発行
 (26件中) 1〜10件目[1][2][3]
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.