歴史・伝記  107件

日本の鉱山を巡る《上巻》

鉱山の歴史と先人たちの偉業ー日本各地の主要な鉱山27か所を20年以上かけて踏査。各鉱山の歴史とその見どころ、尽力した人々の人物史、生産の現場を支えた人々の努力の跡を現地調査と膨大な資料から丹念にまとめた労作。本書〈上巻〉では、27か所のうち11か所を紹介。

  • A5判/264ページ/並製
  • 978-4-86329-116-4
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2015年4月発行
日本の鉱山を巡る《下巻》

日本各地の主要な鉱山27か所を20年以上かけて踏査。各鉱山の歴史、そこで尽力した人々の人物史、生産の現場を支えた人々の努力の跡を現地調査と膨大な資料から丹念にまとめた労作。また、各鉱山を歩いたエピソードも記録しているので、地図と合わせて読むと現地を歩いてみたくなる。そして見どころが要領よく紹介されている。上巻で11鉱山、下巻で16鉱山を収録しており資料的価値も高い。下巻では、夕張・常磐・宇部・筑豊・三池の炭田や新潟・相良(静岡)の油田、別子の銅山等充実した内容構成となっている。

  • A5判/468ページ/並製
  • 978-4-86329-130-0
  • 定価 3000円 (+税)
  • 2016年1月発行
日本統治下の朝鮮シネマ群像

日本統治下の朝鮮社会を生き生きと再現した朝鮮映画フィルムが2005年以降、北京の中国電影資料館などで続々と見つかり、日韓の研究者たちに衝撃を与えた。本書は、その制作にかかわった監督、脚本家や俳優の軌跡を通じて、日朝同時代史のリアルな実相を描いた労作。主に、1930年代から1940年代に制作された4本の映画『望楼の決死隊』(今井正監督)『授業料』(崔寅奎監督)『家なき天使』(同)『半島の春』(李炳逸監督)を中心に読み解き植民地朝鮮を当時の人々はどのように見ていたのか、その内実に迫る。

  • 四六判/330ページ/並製
  • 978-4-86329-188-1
  • 定価 2200円 (+税)
  • 2019年5月発行
日炭回顧録

《生きてきた証》を、沸き上がる深い愛情とともに伝える。
現在の福岡県水巻町、北九州市若松区、折尾駅周辺で昭和46年まで操業していた日炭高松炭鉱。その関係者52名による貴重な肉声の集成。労働組合とストライキ、ボルネオのサラワク開発、炭鉱長屋、地下水との戦い、朝鮮人労働者、硫黄分の問題、カッペ採炭など己の歩んできた道を辿り、子や孫に伝えようとする思いがこめられた記録である。

  • 288
  • 978-486329-077-8
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2012年8月発行
日韓メモリー・ウォーズ

〈ずれ〉と〈ゆがみ〉の根源へ――日本と韓国の間に横たわる認知ギャップを探る。
『帝国の慰安婦』の著者・朴裕河(パク・ユハ)氏が騒動の最中に登壇。自著について、過去とこれからの日韓関係について、上野氏らと語りあったシンポジウム(2016年3月)をもとにまとめた一冊。植民地時代、冷戦時代、ポスト冷戦時代、そして現代――揺れ動いてきた日韓関係。慰安婦や領土問題を政治、文化、メディア、インターネットなどのキーワードで読み解く。「真実は何かに執着するより、共有しうる事実を〈どう考えるか〉」

  • 四六判/160頁/並製
  • 978-4-86329-156-0
  • 定価 1700円 (+税)
  • 2017年9月発行
日露戦争時代のある医学徒の日記

明治36年(1903)、西洋化の波が日本全国に押し寄せつつある中で、福岡の地に京都帝国大学福岡医科大学が開校した。九州帝国大学が設置(明治44年=1911)される前、一高からあえてこの福岡医科大学へ進学した医学徒たちの目を通して、100年前の近代日本の日常の姿を浮き彫りにした。福岡、東京、岩手、そして西洋世界の風俗、食文化、自然、祭、さらに医学研究や戦争観など庶民の目から見た社会の様子が伝わってくる。

  • 四六判 248頁
  • ISBN978-4-86329-042-6 C0021
  • 定価 2100円 (+税)
  • 2010年7月発行
品切れです
南蛮から来た食文化

[著]江後 迪子 鉄砲伝来から明治初期にかけて、海を渡って来た食べもの(肉、砂糖、米、野菜、香辛料、お菓子、酒)がどのように食文化として定着し、生活に根付いたのか。江戸時代の古文書を精査し、さらにポルトガル、スペイン、オ
read more..

  • 四六判・並製本・224頁
  • ISBN4-902116-25-1 C0021
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2004年10月発行
中原中也と維新の影

維新の影を追いつづけた最後の長州藩士・中原中也。彼の詩に宿るキリスト教と東洋的美意識(もののあはれ)を読み解きながら、幕末維新の精神史を探る異色の評伝。詩にこめられた奇抜にして不穏なことばから導かれる近代日本の矛盾を再考する。

  • A5判・並製・272頁
  • ISBN978-4-86329-022-8 C0095
  • 定価 2200円 (+税)
  • 2009年6月発行
長崎蘭学の巨人

ケンぺルの『鎖国論』を翻訳し〈鎖国〉という語を創出したことで知られる蘭学者・志筑忠雄(しづきただお・1760~1806)。長崎出島に集まる当時最新の西洋科学と哲学に対して早くから興味を持ち、数々の重要文献を訳すことで江戸蘭学者たち(杉田玄白、大槻玄沢)に大きな影響を与えた。視点をはるか宇宙にまで広げ〈重力〉〈浮力〉〈求心力〉等の科学用語を訳出し、後の砲術、航空術、暦算の基礎理論を伝えた男の生涯を描く。

  • 四六判・並製・260頁
  • ISBN978-4-902116-95-3 C0023
  • 定価 1900円 (+税)
  • 2007年12月発行
トピックスで読む 長崎の歴史

どこから読んでもおもしろい。これまで知られることのなかった新資料も駆使して、長崎という土地に生きた人間と、日本全体の動きに連動してきた歴史とを描き出す。原始古代から現代まで、200項目のトピックスが語る長崎の通史。

  • A5判・並製・320頁
  • ISBN978-4-902116-77-9 C0021
  • 定価 2200円 (+税)
  • 2007年3月発行
 (107件中) 41〜50件目
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.