社会  50件

アジア南回廊を行く

亜大陸=南アジアの混沌を見つめて13年余。内戦、宗教紛争、貧困、IT先進国--ボーン上田賞受賞の特派員が歴史にわけ入り、現場に飛んで、南アジア8カ国(インド、アフガニスタン、パキスタン、ネパール、ブータン、バングラデシュ、スリランカ、モルディブ)の素顔を活写、各国を多角的にレポートする。

  • 四六判・並製本・270頁
  • ISBN4-902116-43-X C0095
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2005年8月発行
有明海の記憶

有明、母なる海よ--昭和30~40年代の有明海沿岸の風物とそこに暮らす人々の喜怒哀楽を活写したモノクロ写真集。失われた風景が息づく一冊。
松永伍一氏の序文「有明海讃歌」を収録。

  • 菊判・並製・176頁
  • ISBN4-902116-64-2 C0072
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2006年9月発行
石牟礼道子の世界

名作誕生の秘密、水俣病闘争とのかかわり、特異な文体……時に異端と呼ばれ、あるいは長く文壇から無視されてきた「石牟礼文学」。渡辺京二、伊藤比呂美ら10氏が石牟礼ワールドを「読み」「解き」解説する多角的文芸批評・作家論。

  • 四六判・並製・264頁
  • ISBN4-902116-67-7 C0095
  • 定価 2200円 (+税)
  • 2006年10月発行
緒方竹虎 リベラルを貫く

没後50年、追慕の声が高い“廉潔の士”緒方武虎。新聞人(朝日)、政治家(自由党総裁)としてリベラルを貫き通した緒方の本格評伝。今なぜ緒方か? 混迷の政界に「緒方ありせば」の答えがここにある。(2006年8月発行)

  • 四六判・並製・232頁
  • ISBN4-902116-63-4 C0023
  • 定価 1900円 (+税)
  • 2006年8月発行発行
対論「沖縄問題」とは何か

沖縄戦とはなんだったのか、日本復帰という選択、基地依存経済、自立への道、「米軍再編」……。沖縄を代表する団塊世代の論客ふたりが30のテーマで論じあう。
付・対談「沖縄の歴史、国家、自立」

  • 四六判・並製・240頁
  • ISBN978-4-902116-90-8 C0021
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2007年7月発行
壁のない風景 ハンセン病を生きる

「らい予防法」廃止、国賠償訴訟の全面勝訴……ハンセン病療養所・菊池恵楓園(熊本県)と社会を隔てていた“厚い壁”は壊された。ところがホテルの入所者宿泊拒否事件をきっかけに園には差別と偏見の嵐が押し寄せた。潮賞受賞の放送記者、10年の密着取材による渾身のドキュメントが潜在する偏見と差別を告発する。◆第21回地方出版文化賞奨励賞受賞。

  • 四六判・並製・232頁
  • ISBN4-902116-70-7 C0095
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2006年11月発行
〈渡辺京二対談集〉近代をどう超えるか

『逝きし世の面影』で、衝撃の江戸の日本人像を描き出した著者が、極北まで至った「近代」の人間崩壊と格闘する知の最前線の7人と江戸文化からアメリカ同時多発テロまでを掘り下げる。近代を超えるさまざまな可能性を模索する注目の対談集。

対談者/榊原英資(経済学)、中野三敏(近世文学)、大嶋仁(比較文化)、岩岡中正(西洋史)、有馬学(近代政治史)、武田修志(ドイツ文学)、森崎茂(思想家)

  • 四六判・並製本 208頁
  • ISBN4-902116-03-0 C0036
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2003年8月発行
〈追想〉具島兼三郎

満鉄調査部を経て、戦前のファシズム研究に始まり、国際情勢分析、戦後はアジアの民族運動、中国革命、現代の植民地主義、安保問題、核・平和問題など「戦う政治学者」として常に時代と正面から向かいあった具島の生涯とその仕事を、ゆかりの人々が振り返る。

  • A5判・並製・240頁
  • ISBN4-902116-62-6 C0095
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2006年8月発行
熊本地震2016の記憶

人間は捨てたものではない、いま私は強くそう感じている。未来の人間のあらまほしき姿が、惨事の中から立ち現われた。3.11のときもそうだったのだろう。これから必然となる復興の過程で、この姿が歪んだり、消え失せたりするかどうかは、私たち自身にかかっている【渡辺京二】
前震と本震=2度の震度7。さらに4000回を超える余震。さまざまな衝撃と被害を整理し、再びおこりうる危機に備えて、この体験と想いを忘れぬよう書き残しておかねばならない。本書は、その願いを込めて編集された。復興への希望は、記録と記憶のなかにある。

  • A5判/168頁/並製
  • 978-4-86329-149-2
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2017年3月発行
品切れです
FUKUOKA U ブックレット 1
現代社会はどこに向かうか

虚構の時代の果て、希望は見えたか―
戦後の「理想の時代」、高度成長期の「夢の時代」、その後の「虚構の時代」……、そして今、「人類はひとつの生物種が一度だけ体験する、大きな曲がり角にいる」。現代社会はどこに向かうのか。未来に希望はあるのか。世代を超えた思想家、社会学者たちに絶大なる影響を与えてきた社会学の第一人者による待望の講演録。見田社会学のエッセンス、この一冊に。

  • A5判・並製本・64頁
  • 978-4-86329-076-1
  • 定価 650円 (+税)
  • 2012年7月下旬発行
 (50件中) 1〜10件目
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.