炭山の王国 渡辺祐策とその時代

1120
A5判・並製・300頁
ISBN978-4-902116-92-2 C0023
定価 1905円 (+税)
2007年10月発行発行

ただいま品切れです
「宇部の神様」と呼ばれた企業家の評伝

 かつて日本一の海底炭田であった山口県宇部炭田。その中心にあった沖ノ山炭鉱の創業者・渡辺祐策(わたなべすけさく)。「共存同栄」を旗印に掲げて宇部興産(株)の基礎を創りあげ、〈宇部の神様〉となった企業家にして思想家が遺したものは何か。炭鉱時代の残影とその時代の精神を求めて、ゆかりの地を訪ね丹念に聞き書きをし、資料を読み解いて、その郷土愛に満ちた生涯をたどる。(発行/宇部日報社、発売/弦書房)
(2007年10月発行)

堀 雅昭

ほり・まさあき

1962年、山口県宇部市生まれ。著書に、『戦争歌が映す近代』『ハワイに渡った海賊たち』『井上馨〈開明的ナショナリズム〉』『靖国誕生〈幕末動乱から生まれた招魂社〉』『鮎川義介〈日産コンツェルンを作った男〉』他。

関連書籍
  • 269

  • 985

  • 1176


中原中也と維新の影
杉山茂丸伝 アジア連邦の夢
ハワイに渡った海賊たち
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.