ハワイに渡った海賊たち

1176
四六判・並製・328頁
ISBN978-4-902116-87-8 C0095
定価 2200円 (+税)
2007年7月発行
周防大島の移民史

知っているようで知らないハワイ。いつから、そしてなぜハワイは日本人にとって憧れの地となったのか。戦後は「憧れのハワイ航路」「梅くり植えてハワイへ行こう」「常磐ハワイアンセンター」など歌や標語、レジャー施設にまで溶け込んだ《ハワイ》の実像に迫る。江戸後期にまでさかのぼり周防大島を中心としたハワイへの出稼ぎ者(または移住者)とその末裔たちを訪ねて、交流の歴史とドルがもたらした島の暮らしぶりを克明に描いた労作。(2007年7月)

堀 雅昭

ほり・まさあき

1962年、山口県宇部市生まれ。著書に、『戦争歌が映す近代』『ハワイに渡った海賊たち』『井上馨〈開明的ナショナリズム〉』『靖国誕生〈幕末動乱から生まれた招魂社〉』『鮎川義介〈日産コンツェルンを作った男〉』他。

関連書籍
  • yasukunitanjo

  • inouekaoru

  • 269

  • 985

  • 1120


靖国誕生
井上馨
中原中也と維新の影
杉山茂丸伝 アジア連邦の夢
炭山の王国 渡辺祐策とその時代
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.