江口 司

えぐち・つかさ
えぐち・つかさ

1951年熊本県生まれ。1971年より九州山地に入り、自然に魅了され通いつづける中、民俗学者・小野重朗氏と宮崎県諸塚村七ツ山で出会い、以後師事する。
著書に『山里の酒』(共著、葦書房)、『日向市史 民俗編』(執筆・写真、宮崎県日向市)などがある。『季刊銀花』(文化出版局)他雑誌への寄稿も多数。
2008年4月、不慮の事故により急逝。

関連書籍
  • 1253


不知火海と琉球弧
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.