浦辺 登

うらべ・のぼる

昭和31年、福岡県生まれ。福岡大学卒。日本近現代史を中心に研究、執筆、講演、史跡案内を続けている。著書に『太宰府天満宮の定遠館―遠の朝廷から日清戦争まで』『霊園から見た近代日本』『東京の片隅からみた近代日本』『アジア独立と東京五輪―「ガネホ」とアジア主義』(以上、弦書房)。

関連書籍
  • genyoshatohananimonoka

  • asianodokuritsutotokyogorin

  • tokyonokatasumikaramitakindainihon

  • reienkaramitakindainihon

  • 1527


玄洋社とは何者か
アジア独立と東京五輪
東京の片隅からみた近代日本
霊園から見た近代日本
太宰府天満宮と定遠館
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.