詩集「北緯37度25分の風とカナリア」

1592
A5判・並製・160頁
ISBN978-4-86329-031-0 C0092
定価 2000円 (+税)
2010年1月発行

ただいま品切れです
消えゆく人の営み、そこに残るのは

同じ緯度で不思議に連動する文化の消失と原子力発電所の建設。
丹念な取材から見えてきた「豊かさ」の興亡と未来を詩世界に浮かびあがらせる。

若松 丈太郎

わかまつ・じょうたろう
わかまつ・じょうたろう

1935年岩手県江刺市生まれ。日本現代詩人会会員。著書に詩集『夜の森』(自家版・第14回福島県文学賞)、詩集『海のほうへ 海のほうから』(花神社・第2回福田正夫賞)、日本現代詩文庫『若松丈太郎詩集』(土曜美術出版販売)、詩集『いくつもの川があって』(花神社・第24回福島民報出版文化賞)他。現在、埴谷島尾記念文学資料館調査員。

関連書籍
  • 930


詩集 越境する霧
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.