中原中也と維新の影

269
A5判・並製・272頁
ISBN978-4-86329-022-8 C0095
定価 2200円 (+税)
2009年6月発行
ふたつの神を共に信じること

維新の影を追いつづけた最後の長州藩士・中原中也。彼の詩に宿るキリスト教と東洋的美意識(もののあはれ)を読み解きながら、幕末維新の精神史を探る異色の評伝。詩にこめられた奇抜にして不穏なことばから導かれる近代日本の矛盾を再考する。

堀 雅昭

ほり・まさあき

1962年、山口県宇部市生まれ。著書に、『戦争歌が映す近代』『ハワイに渡った海賊たち』『井上馨〈開明的ナショナリズム〉』『靖国誕生〈幕末動乱から生まれた招魂社〉』『鮎川義介〈日産コンツェルンを作った男〉』他。

関連書籍
  • yasukunitanjo

  • inouekaoru

  • 985

  • 1120

  • 1176


靖国誕生
井上馨
杉山茂丸伝 アジア連邦の夢
炭山の王国 渡辺祐策とその時代
ハワイに渡った海賊たち
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.