〈歌文集〉浪々

kabunsyuurourou
A5判 150頁
ISBN 978-4-86329-053-2 C0095
定価 1905円 (+税)
2011年2月発行

著者はかつて「日本読書新聞」と「伝統と現代」を主宰した伝説の編集者。竹内好、谷川雁、吉本隆明、橋川文三、柳田國男など錚々たる知識人たちとの交流をもったあと、出版界を離れ労務者生活を送る。現在は京都在住で、本書は熊本の季刊誌「道標」や東京の同人誌「丁卯」に連載された歌と随筆をまとめたもの。変転する〈旅〉の物語とともに自然と人間の織りなす情景を、豊かにそしてのびやかに綴った歌文集。

巖 浩

いわお・ひろ
いわお・ひろ

1925年、大分県津久見市生まれ。第七高等学校を経て144年、東大文学部入学。1945年1月〜9月、陸軍都城連隊、阿蘇山中にて終戦。46年復学、49年卒業。日本読書新聞をへて、伝統と現代社設立。「伝統と現代」を発行。現在、三重県津市の「アララギ派」会員。熊本の季刊「道標」や東京の同人誌「丁卯」に連載執筆中。

こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.