未踏の野を過ぎて

mitounonowosugite
四六判 232頁
978-4-86329-063-1 C0095
定価 2000円 (+税)
2011年10月発行

名著『逝きし世の面影』『黒船前夜』の著者がはなつ現代世相論。
現代とはなぜこんなにも棲みにくいのかー前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。東日本大震災にふれた「無常こそわが友」の他、ことば、生と死、仕事、身分、秩序、教育、環境など現代がかかえる歪みを鋭く分析し、前近代の中に解決の糸口を見い出そうとする評論集【30編収録】。

渡辺 京二

わたなべ・きょうじ

1930年生まれ。日本近代史家。主な著書『北一輝』(毎日出版文化賞)『日本近世の起源』『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞)『江戸という幻景』『未踏の野を過ぎて』『もうひとつのこの世』『万象の訪れ』『黒船前夜』(大佛次郎賞)『幻影の明治』他。

〈目次より〉 無常こそわが友/大国でなければいけませんか/社会という幻想/老いとは自分になれることだ/文章語と故里/直き心の日本/三島の「意地」/つつましさの喪失/現代人気質について/樹とともに生きる/消え去った含蓄/懐古の意味はどこにあるのか/江戸時代人にとっての死(他30編収録)
関連書籍
  • banshonootozure

  • mohitotsunokonoyo

  • edotoiugenkei

  • 654

  • 552


万象の訪れ
もうひとつのこの世
江戸という幻景
アーリイモダンの夢
〈渡辺京二対談集〉近代をどう超えるか
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.