砂糖の通った道

satounotottamiti
四六判 200頁
978-4-86329-069-3 C0021
定価 1800円 (+税)
2011年12月発行
菓子から見た社会史

南蛮・長崎、そして台湾ー砂糖と菓子が語る近世近代の地域史
ひとつひとつの菓子は、どのような歴史的背景の中で生まれたのか。長崎街道の菓子老舗を訪ね、ポルトガルのシントラやマデイラ島の菓子を食べ、各地の史料を分析して見えてくる〈菓子の履歴書〉

八百 啓介

やお けいすけ

1958年福岡県生まれ。九州大学卒業。現在、北九州市立大学教授。著書に『近世オランダ貿易と鎖国』(吉川弘文館)、『日蘭交流史 その人・物・情報』(共著、思文閣出版)など。

関連書籍
  • 1143

  • 869

  • 877


飴と飴売りの文化史
南蛮から来た食文化
博多ふるさと野菜
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.