身近なところからはじめる建築保存

mijikanatokorokarakangaerukenchikuhozon
四六判/並製/172ページ
978-4-86329-090-7/C0052
定価 1800円 (+税)
2013年06月発行
 

建築保存の専門家である著者が、建築保存やその取り組みについて、国内はもちろんイギリスやフランスなど海外の様々な事例を紹介しながら、その世界を解説。また、建築保存を考える際には、建築物そのものを理解する必要があり、建築作品の「読み解き方」についてもふれる。建築の「読み解き方」は、絵画などの美術作品などに比べると、一般に十分に理解されているとはいえない。そのヒントとなる、目の付けどころを紹介。著者が目指すのは、建築保存運動をおこす必要のない状態をつくること。そのためには「日頃から、身のまわりの建築の価値を理解し、尊重し、大切に長く使い続けたいと思ってもらえるようにしたい」と語りかける。

頴原 澄子

えばら・すみこ

1995年東京大学文学部西洋史学科卒業。同大学建築学科卒業。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。ヨーク大学修士課程修了、MA。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。武蔵大学非常勤講師、九州産業大学講師を経て千葉大学大学院工学研究科准教授。専門は建築史・建築保存論。

関連書籍
  • 706

  • 773

  • 694

  • 758

  • chikugonokindaikaisan


九州遺産
福岡の近代化遺産
北九州の近代化遺産
筑豊の近代化遺産
筑後の近代化遺産
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.