野崎 歓

のざき・かん

1959年新潟生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門はフランス文学、映画論。主な著書に『ジャン・ルノワール 越境する映画』(青土社、サントリー学芸賞)、『異邦の香りーネルヴァル『東方紀行』論』』(講談社、読売文学賞)、『フランス文学と愛』(講談社現代新書)、『翻訳教育』(河出書房新社)、編著に『映画と文学のあいだ』(東京大学出版会)、共編著に『アジア映画で〈世界〉を見る』(作品社)、訳書にトゥーサン『マリーについての本当の話』(講談社)、ウエルベック『地図と領土』(筑摩書房)など。

関連書籍
  • eigakibonoimage


映画、希望のイマージュ
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.