小笠原諸島をめぐる世界史

ogasawarashotowomedurusekaishi
四六判/250ページ/並製
978-4-86329-100-3
定価 2000円 (+税)
2104年04月発行
 

小笠原諸島からみた近代日本の外交史。かつて無人島(ムニンシマ)と呼ばれた世界自然遺産の島々が、1968年の返還から46周年。延宝3年(1675)日本人として初めて島々を探検した嶋谷市左衛門とは何者なのか。そのときの航海術はどこから学んだのか。そして船はどのような型だったのか。どのようにして辿り着いたのか。幕末期、なぜ島々は「小笠原」と呼ばれるようになったのか。明治9年(1876)小笠原諸島はなぜ日本の領土になりえたのか。本書は、それらの疑問点を『嶋谷市左衛門覚書』(17世紀後半)『三国通覧図説』(林子平、1785年)さらに『仏訳・三国通覧図説』(クラプロート訳、1832年)を中心に解き明かしてゆく。

松尾 龍之介

まつお・りゅうのすけ

昭和21年、長崎市生まれ。著書に『江戸の世界聞見録』『マンガNHKためしてガッテン』『長崎蘭学の巨人《志筑忠雄とその時代》』『江戸の〈長﨑〉ものしり帖』『小笠原諸島をめぐる世界史』『幕末の奇跡《〈黒船〉を造ったサムライたち》』など。

第1章 小笠原諸島の発見
第2章 日本人の大航海時代
第3章 小笠原探検
第4章「無人島」から「ボニンアイランド」へ
第5章 太平洋の世紀
第6章 ペリー提督の小笠原
第7章 幕末の小笠原
* 小笠原をめぐる主要関連年表
関連書籍
  • 1162

  • 1445

  • 1439


江戸時代のロビンソン 七つの漂流譚
幕末の外交官 森山栄之助
長崎蘭学の巨人
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.