石牟礼道子の世界

678
四六判・並製・264頁
ISBN4-902116-67-7 C0095
定価 2200円 (+税)
2006年10月発行
石牟礼ワールド」を読み解く

名作誕生の秘密、水俣病闘争とのかかわり、特異な文体……時に異端と呼ばれ、あるいは長く文壇から無視されてきた「石牟礼文学」。渡辺京二、伊藤比呂美ら10氏が石牟礼ワールドを「読み」「解き」解説する多角的文芸批評・作家論。

岩岡 中正

いわなか・なかまさ

昭和23年、熊本市生まれ。熊本大学名誉教授、博士(法学)、俳誌「阿蘇」主宰。著書に『詩の政治学―イギリス・ロマン主義政治思想研究』『石牟礼道子の世界』『ロマン主義から石牟礼道子へ』『虚子と現代』『子規と現代』。句集に『春雪』『夏薊』『相聞』。

関連書籍
  • 552

  • 654

  • minamatawomitashitininnosyasyinkatati


〈渡辺京二対談集〉近代をどう超えるか
アーリイモダンの夢
写真集 水俣を見た7人の写真家たち
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.