長編詩 血ん穴<新装版> 

945
四六判・上製・102頁
ISBN978-4-86329-015-0 C009
定価 1600円 (+税)
2009年3月発行
30年ぶりの詩集、待望の新装版で登場

柳川ん、土と水と潟にまみれさせてみる、そん時、白秋がどげんか顔ばするか?(「いっちゃんぐちに」より)

 第17回丸山豊記念現代詩賞受賞の『血のたらちね』(書肆山田/刊)に先がけたこの長編詩は、故郷の柳川に題材をとった作品。少部数刊行のため入手できなくなっていた詩集に、稲川方人・山本源太両氏による解説を付し、新装版として刊行。

古賀 忠昭

こが・ただあき
こが・ただあき

久留米市の故丸山豊氏に師事して詩を書き始め、70年代には詩集を相次いで刊行、「現代詩手帖」などに詩や評論を発表。その旺盛な創作活動が注目された。詩作をめぐるある事情のため筆を折り、以後詩作から遠ざかっていたが、『土の天皇』(1974年)以来30年ぶりとなる『血ん穴』(本書旧版)を小社より刊行した。
 第17回丸山豊記念現代詩賞受賞

こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.