その80 鍬が重くなったなあ

 4、5日留守にして帰ってみると、緑が一段と濃くなり、深みを増している。深緑のなかのサツキが一段と鮮やかに写る。
 野菜畑は様変わりしていた。あわててキュウリ、ナスの収穫をはじめる。さっそく、食膳にのぼる。自作の野菜のなんと美味であることよ!
 ジャガイモの生育がちょっと気がかりだったので、葉っぱの枯れたのをためし掘りして、食べてみる。うーん、やはりイマイチ。形も小ぶりだ。
 茎がおもったほど伸びないのに、葉っぱが枯れはじめている。病気にやられたかな? いましばらく畑においてみることにする。
 結球をはじめたキャベツ、これはもう虫のエサ同然。はたして自分の口にはいるのが残るかな? ブロッコリーもご同様、葉っぱは穴だらけ。虫の防除策をとらなかった自業自得だ。
 
 タマネギ収穫後の畑を耕して、サツマイモの畝づくり。汗がしたたり落ちる。ひと鍬、ひと鍬、肩で息をしながらだ。苦しい。体力の低下を実感するときだ。
 家庭菜園用の耕運機が頭をちらとよぎる。たしかレンタルもやっていたなあ。一年一年、鍬が重くなる。
 今年は紅アズマに加え、甘い、甘いと評判の安納イモも植えつけてみたが、さてどうなるか。
 
 こんもりとふくらんだアスパラガスが、黄色の小さな花?をつけ始めている。今年は毎朝数本ずつ収穫してきたがそろそろ終わりか、と伸びた茎を1本だけ残したつもりだったが、いつの間にか7、8本の茎が伸びて木のようになっている。この花が果たして赤い実をつけるかな?
 1日で7、8センチも伸びる不思議な植物だ。
 まもなく梅雨入りだ。

(出雲在・三原 浩良老生)

▲ブロッコリーも虫に食われた

▲アスパラガスの花?