美術・芸術・写真  44件

天草写真風土記

宝の島・天草を撮り続けて15年。日本のふる里のよき姿が焼きつけらた本書。人々の豊かな表情、海や山里の実りある生活、折々の祭りの音など、しみじみと伝わってくる変わりゆくふる里の物語。
〈本書より〉ヒジキ漁/キリシタン墓碑/箱メガネ漁/コッパ干し/奉納相撲/幸木(さわぎ)/虫追い祭り/裸祭り/夕べの祈り 他 

  • A4判変型・上製・126頁
  • ISBN978-4-86329-023-5 C0026
  • 定価 2381円 (+税)
  • 2009年5月発行
赤土色のスペイン

スペイン在住30余年、画家でありカンテ(フラメンコの唄)の名手、『ドン・キホーテ』全訳版の挿絵・装画を手掛けるなど多岐に制作を続ける著者が、スペインと日本を股にかけ、日西のフラメンコ!な日常、出会った個性的な人々、芸術への思い等々を辛口のユーモア溢れるエッセイで綴る。好評だった2つの新聞連載(読売新聞「赤土色のスペイン」、西日本新聞「人の上は空である」)をあわせ、さらにカラー口絵88点を含む挿画多数収録。

  • A5判変型・並製・376頁(カラー88頁)
  • ISBN978-4-86329-006-8 C0095
  • 定価 2400円 (+税)
  • 2008年9月発行
ホスピス さよならのスマイル

「これほどリアルにホスピス精神を示す本は他にない」(日野原重明)  
西日本初のホスピス、福岡・栄光病院に末期癌の父子が入院した。その生と死をカメラと文で克明に記録した稀有のフォト・ドキュメント。子どもたちとの「いのちの授業」を通じたふれあいも描かれる。

  • 菊判・並製・148頁
  • ISBN978-4-86329-004-4 C0072
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2008年7月発行
水彩日和

小さな旅を続ける中で見つけた、ガイドブックには載っていない魅力あふれる風景を水彩画で紹介。道に迷って偶然出会った山里、何度も通いつめてやっと出会えた朝霧、木かげのある街かど、釣りの途中で見つけた岩場と水の流れの調和……心の中に強く印象に残った風景をめぐる軽快なエッセイとともに、四季の彩りを語る画文集。▼糸島半島、九重・阿蘇、脊振山麓、薩摩半島、臼杵ほか九州全域を掲載。

  • 菊判・並製・168頁
  • ISBN978-4-86329-001-3 C0026
  • 定価 2200円 (+税)
  • 2008年5月発行
熊本城のかたち

築城400年を迎えた熊本城をくまなく歩いてその全貌に迫った写真記録集。石垣、門、櫓、天守閣と新築なった本丸御殿など日本三大名城にふさわしい魅力の数々を伝える。

  • 菊判・並製・160頁
  • ISBN978-4-86329-000-6 C0072
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2008年4月発行
品切れです
吉田博資料集

近代日本洋画界で東洋の精神と西洋の技法の融合をめざした風景画家・吉田博(1876~1950)。米での展覧会関係新聞記事など、明治洋画研究の資料ともなり得る吉田の生涯と芸術に関する基本資料を集成。

  • A5判・676頁
  • ISBN978-4-902116-89-2 C3371
  • 定価 7200円 (+税)
  • 2007年12月発行
写真集 水俣を見た7人の写真家たち

「水俣病公式確認から2007年5月で51年。この写真集の著者たちは、この長い事件のそれぞれの時点で水俣に住み、受難者たちの近くにあった。彼らは水俣に来て何を見て、どんな未来を描き、どんな思いを抱いたのであろうか。1960年から今日に至るまで、時々の一瞬をとどめた渾身の写真84点がここにある。
「私は思う。水俣を見た7人の撮った写真たちを、私たちの新たな希望づくりにしていきたいと」(水俣病資料館館長・吉本哲郎)

  • A4変型判・並製・160頁
  • ISBN978-4-902116-84-7 C0072
  • 定価 2381円 (+税)
  • 2007年6月発行
品切れです
映画に魅せられて 映画の自分史

監督、俳優、評論家、“カツドウ屋”たちとの交友からスクリーンの裏側まで--業界50年の著者が豊富なエピソードで綴る映画史番外編。昭和初期~映画全盛期の名画700本のデータと短評を掲載。

  • 四六判・並製・344頁
  • ISBN978-4-902116-79-3 C0074
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2007年4月発行
夢を吐く絵師 竹中英太郎

江戸川乱歩、横溝正史、夢野久作など探偵・怪奇小説の名作に挿絵を描き、大衆画壇の寵児となりながら、人気絶頂のまま絵筆を折った幻の画家、竹中英太郎。その叛逆の人生、妖美と幻想の絵の謎、戦後再び絵筆を持たせた息子・竹中労との深い絆に迫るルポルタージュ。

  • A5判 248頁
  • ISBN4-902116-68-5 C0095
  • 定価 2200円 (+税)
  • 2006年11月発行
有明海の記憶

有明、母なる海よ--昭和30~40年代の有明海沿岸の風物とそこに暮らす人々の喜怒哀楽を活写したモノクロ写真集。失われた風景が息づく一冊。
松永伍一氏の序文「有明海讃歌」を収録。

  • 菊判・並製・176頁
  • ISBN4-902116-64-2 C0072
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2006年9月発行
 (44件中) 21〜30件目
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.