野十郎の炎

1350
四六判・上製・202頁
ISBN4-902116-59-6 C0071
定価 1800円 (+税)
2006年6月初版、同9月2刷発行

学問も世俗も捨て、妻帯もせず、ひたすらに描きつづけて廃屋で孤独な最期を迎えた画家、高島野十郎。清貧寡欲な孤高の画家の謎に包まれた生涯を追う。惜しまれつつ絶版となっていた初の伝記が待望の復刊。取材を重ね、3版ではさらに増補を行なっている。
野十郎の生涯は『美の巨人たち』(テレビ東京系)等でも取り上げられ、福岡県立美術館、三鷹市美術ギャラリー(東京)での回顧展も開催された。

多田 茂治

ただ・しげはる
ただ・しげはる

1928年福岡県小郡市生まれ。九州大学経済学部卒業。在学中、『九州文学』『新日本文学会』に参加。新聞記者、週刊誌編集者を経て文筆業。主に日本近現代史にかかわるノンフィクション、伝記を書く。
著書に『グラバー家の最期』(葦書房)『大正アナキストの夢』(土筆社)『内なるシベリア抑留体験』(社会思想社)『夢野一族』(三一書房)『石原吉郎「昭和」の旅』(作品社)『戦中文学青春譜 「こをろ」の文学者たち』(海鳥社)など。2004年、『夢野久作読本』(弦書房)で、第57回日本推理作家協会賞を受賞。

関連書籍
  • matsumotoeiitirouaitoosorenofuukeiga

  • 277

  • 578

  • 484

  • 1160


松本英一郎 愛と怖れの風景画
満州・重い鎖
夢野久作読本
玉葱の画家 青柳喜兵衛と文士たち
母への遺書 沖縄特攻 林市造
こんなのもアリマス

ただいまこの記事へのコメントは、受け付けておりません

Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.