近世地方女流文芸拾遺

1369
A5判・上製本・函入512頁
ISBN4-902116-30-8 C3095
定価 4300円 (+税)
2005年5月発行
近世女流文学の精華

旅日記、句・歌集、漢詩集など、近世の地方在住女性の作品14篇の翻刻及び解説を収録。江戸時代、各地に花開いた女性たちの文芸的ないとなみが甦る。
収録作品:【旅日記】「清源院様御紀行弐種」〔「海辺の秋色」「青葉の山路」〕(細川軌子)、「おそざくらの記」(杉山廉女)、「奥の道の記」(屋代野川)、「温海の記」(池田喜代井)、「厳嶋日記」(黒山須磨子) 【評論】「朧夜物語」(沓掛なか子) 【俳書】「ふくるま(抄)」(春鴬亭花朗尼)  【歌集】「清源院和歌百首」(細川軌子)、「真龍夫人和歌留」(前田隆子)、「桑原比佐子短冊集」、「小田宅子家集(抄)」 【漢詩集】「中山詩稿」(立花玉蘭)、「窈窕稿乙亥」(亀井少栞)

前田 淑

まえだ・よし
まえだ・よし

1921年 福岡市生まれ。
福岡県女子専門学校文科研究科・法政大学文学部日本文学科卒業。
現在、福岡女学院短期大学名誉教授。文学博士。

主な著書に『「鉄翁画談」と倉野煌園』(勉誠社)『江戸時代女流文芸史-地方を中心に-』〔旅日記編〕〔俳諧・和歌・漢詩編〕(笠間書院)『近世福岡地方女流文芸集』『近世女人の旅日記集』(共に翻刻、葦書房)『百合若説話の世界』『近世地方女流文芸拾遺』『大宰府万葉の世界』(以上小社刊)、他。

関連書籍
  • 1267

  • 1422

  • 1536


百合若説話の世界
大宰府万葉の世界
筑前の国学者伊藤常足と福岡の人々
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.