関 一敏

せき・かずとし

1949年神奈川県生まれ。九州大学名誉教授、NPO法人ウェルビーイング附属研究所主席研究員、福岡市史編集委員(民俗部会)。主な著書・編著書に『聖母の出現――近代フォーク・カトリシズム考』(日本エディタースクール出版部)『新しい民俗学へ』(共著、せりか書房)『宗教人類学入門』(共著、弘文堂)『中山みき・その生涯と思想』(共著、明石書店)『呪術の人類学』(共著、人文書院)『岩波講座 宗教』(全10巻、岩波書店)。

関連書籍

平成の黙示録「ヘヴンズストーリー」をよむ
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(required)

(required)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.