母への遺書 沖縄特攻 林市造

1160
四六判・並製・216頁
ISBN978-4-902116-83-0 C0023
定価 1600円 (+税)
2006年4月発行
特攻を美談にしてはならない

沖縄特攻学徒兵・林市造(京都大学)は、「私は賛美歌を歌いながら敵艦隊に突っ込みます」と哀切極まる母への遺書を書き残して南の海に散った。この遺書は『きけわだつみのこえ』など、多くの戦記関連書にも収録されている。
 出撃前夜まで家族への愛と国家への忠誠のはざまで悩みつつも、引き裂かれた思いを振り切るように出撃した林の23年の生涯をたどりながら、〈作戦の外道〉と呼ばれた特攻の実態を暴き、非戦を訴える。

多田 茂治

ただ・しげはる
ただ・しげはる

1928年福岡県小郡市生まれ。九州大学経済学部卒業。在学中、『九州文学』『新日本文学会』に参加。新聞記者、週刊誌編集者を経て文筆業。主に日本近現代史にかかわるノンフィクション、伝記を書く。
著書に『グラバー家の最期』(葦書房)『大正アナキストの夢』(土筆社)『内なるシベリア抑留体験』(社会思想社)『夢野一族』(三一書房)『石原吉郎「昭和」の旅』(作品社)『戦中文学青春譜 「こをろ」の文学者たち』(海鳥社)など。2004年、『夢野久作読本』(弦書房)で、第57回日本推理作家協会賞を受賞。

関連書籍
  • 277

  • 578

  • 484


満洲・重い鎖
夢野久作読本
玉葱の画家
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.