連載コラム: 『弦書房週報』 2013.04.10

弦書房週報 第52号

▶この度、『球磨焼酎《本格焼酎の源流から》』が第34回熊日出版文化賞を受賞しました。「500年に及ぶ球磨焼酎の歴史を解説した一冊。造る立場の視点から、球磨焼酎という地方の産物の起源や製造の経緯などが実証的にきちんとまとめられている」と評価を受けました。また、同賞は他に、水俣病研究の第一人者・原田正純医師が生前に書いた文章などを編集した「原田正純追悼集《この道を-水俣から》」(熊本日日新聞社)も同時に受賞しました。

▶「水俣・福岡展」がまもなく開催されます。水俣病事件についての展覧会「水俣展」は、1996年の東京での開催以来、全国各地で開催しています。23展目となる水俣展、福岡市では初開催です。

  期間:2013年5月15日(水)〜27日(月)
  場所:JR九州ホール(JR博多駅ビル9F)
  入場料:一般=当日1000円/前売800円
      大学生以下=当日600円/前売500円
  主催:水俣フォーラム(TEL:03-3208-3051)

「水俣・福岡展」に先立ちまして、水俣病が公式に確認された5月1日にちなんで毎年開催している「水俣病記念講演会」が開催されます。今年で13回目です。

  日時:2013年4月21日[日]午後1時~4時30分(12時30分開場)
  会場:JR九州ホール(JR博多駅ビル9F)
  講演:緒方正人(漁師・水俣病患者)
     石牟礼道子(作家)
      ※当日のご本人の体調次第で休演となる場合があります
     柳田邦男(ノンフィクション作家)
     池澤夏樹(作家)
  司会:上條恒彦(歌手・俳優)
  入場料:一般=当日1800円/前売1300円
      大学生以下=当日1500円/前売1000円、全席自由
  主催:水俣フォーラム(TEL:03-3208-3051)

 ぜひこの機会に水俣展の鑑賞をおすすめします。公害の原点といれる水俣病の記憶を残していただければと思います。

関連書籍
  • kumashochu

  • 1555

  • 1587


球磨焼酎
宝子たち
なぜ水俣病は解決できないのか
こんなのもアリマス

Leave a Reply

(必須)

(必須)


Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.