生き直す
免田栄という軌跡

276頁
978-4-86329-238-3
定価 2000円 (+税)
2022年1月31日発行
紹介

1948年12月29日深夜、熊本県人吉市で発生した一家四人殺傷事件(免田事件)で、強盗殺人容疑で逮捕され、1952年1月に死刑が確定。その確定死刑囚から日本初の再審無罪判決を勝ちとった免田栄さん(1925-2020)。その生涯は、私たちの想像を絶するものがあります。実に、獄中34年、無罪釈放後37年という稀有な時間を生き抜き、「生き直し」ました。獄中から家族や教誨師へあてた1400通の手紙に刻まれた声の束と、「人として認められたい」一念で生きたその姿に胸を打たれます。満を持して集成した画期的な評伝!

目次

I 心の足跡
 第一章 書く
  家族への手紙
  潮谷総一郎氏への手紙
 第二章 「刺すような視線」
  冤罪と闘う(対談=免田栄×船迫清)
 第三章 歩く
  死刑廃止を訴える
  国連本部
   第四章 不利な事実
II 波紋
 第一章 交差する生
  水俣という場所
 第二章 裁きの庭で
  迎合的性格
  風雪に耐える捜査
III 還らざる日々
 第一章 獄窓
 第二章 残った小さなメモ
IV 人間の復活
 第一章 さらけ出す
 第二章 人として認めらる
 年金問題に込めたもの
免田事件関連年表

著者

高峰 武

たかみね・たけし

1952年熊本県玉名市生まれ。早稲田大学卒。熊本日日新聞社編集局長、論説委員長、論説主幹を経て現在、論説顧問。著書・共著に『ルポ精神医療』(日本評論社)、『検証ハンセン病史』(河出書房新社)、岩波ブックレット『水俣病を知っていますか』『熊本地震2016の記憶』(弦書房)がある。

弦書房より発行の関連書籍

熊本地震2016の記憶
8のテーマで読む水俣病