江戸という幻景
江戸の人びとの話がしたい

四六判・上製本・264頁
ISBN4-902116-21-9 C0021
定価 2400円 (+税)
2004年6月発行
紹介

人びとが残した記録・日記・紀行文から浮かび上がるのびやかな江戸人の心性。近代への内省を促す幻景がここにある。

著者

渡辺 京二

わたなべ・きょうじ

1930年、京都市生まれ。熊本市在住。日本近代史家。主な著書に『北一輝』(毎日出版文化賞、朝日新聞社)『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞、平凡社)『近代をどう超えるか―渡辺京二対談集』『もうひとつのこの世-石牟礼道子の宇宙』『死民と日常―私の水俣病闘争』『万象の訪れ-わが思索』『預言の哀しみ―石牟礼道子の宇宙Ⅱ』『江戸という幻景』『荒野に立つ虹』『未踏の野を過ぎて』『幻のえにし-渡辺京二発言集』(以上、弦書房)『黒船前夜-ロシア・アイヌ・日本の三国志』(大佛次郎賞、洋泉社)『バテレンの世紀』(新潮社)『原発とジャングル』(晶文社)など。

弦書房より発行の関連書籍

死民と日常
預言の哀しみ
幻のえにし 渡辺京二発言集
新編 荒野に立つ虹
万象の訪れ
もうひとつのこの世
未踏の野を過ぎて
〈渡辺京二対談集〉近代をどう超えるか