〈水俣病〉Y氏裁決放置事件資料集
メチル水銀中毒事件における救済の再考にむけて

232頁
9784863291966
定価 3000円 (+税)
2020.3.25発行
紹介

〈水俣病〉救済制度の正体をあぶり出す資料193点。ひとりの男性(Y氏、1980年死去)が、1974年に水俣病認定申請、さらに1979年の申請棄却処分からその棄却処分取消しを求めて、行政不服審査を請求した。

目次

1999年に環境庁と熊本県から水俣病と認定されるまでの経過と真相、責任の所在を明らかにする。従来、ブラックボックスとなっていたY氏の審理に関する環境庁と熊本県のやりとりを示す内部資料(申入書、診断書、弁明書、裁決書等)をすべて収録。1999年1月19日「環境庁は水俣病をめぐる男性の行政不服審査請求において、水俣病と認める裁決を遺族に交付せず放置していた」と報じた新聞記事がなければ政治決着の流れの中で、闇の中へ葬り去られたままだった裁決放置事件を、いま再び問い直す。  誰のための救済制度なのか。

著者

有馬 澄雄

ありま・すみお

水俣病研究会客員研究員

慶田 勝彦

けいだ・かつひこ

熊本大学大学院人文社会科学研究部教授