社会  50件

〈三池炭鉱写真誌〉地底の声

三池炭鉱を撮りつづけて半世紀。唯一坑内の撮影を許されていた著者が、三池への愛惜を込めてつづる写真による挽歌。厳選された227点のモノクロの世界が、三井三池鉱の労働、暮らし、歴史を鮮やかに映し出す。部外者には撮影が許されなかった坑内労働の写真の数々は、歴史的にも特に貴重な映像。巻末に「三井三池炭鉱史」を収録。(2003年5月初版、6月2刷、2006年11月3刷発行)
※好評につき3刷
※2004年第25回熊日出版文化賞

  • 菊判・並製本 268頁
  • ISBN4-902116-08-1 C0036
  • 定価 2500円 (+税)
  • 2003年5月発行
小事が大事 私はこうして授業崩壊を食い止めた

小事が大事 表紙四〇年に及ぶ教育現場での熱血奮闘の経験から、愛情と勇気を持って「教育崩壊の温床」を克服せよ、と迫る辛口教育エッセー。(2003年5月発行)

  • 四六判・並製本 124頁
  • ISBN4-902116-07-3 C0095
  • 定価 1000円 (+税)
  • 2003年5月発行
〈渡辺京二対談集〉近代をどう超えるか

『逝きし世の面影』で、衝撃の江戸の日本人像を描き出した著者が、極北まで至った「近代」の人間崩壊と格闘する知の最前線の7人と江戸文化からアメリカ同時多発テロまでを掘り下げる。近代を超えるさまざまな可能性を模索する注目の対談集。

対談者/榊原英資(経済学)、中野三敏(近世文学)、大嶋仁(比較文化)、岩岡中正(西洋史)、有馬学(近代政治史)、武田修志(ドイツ文学)、森崎茂(思想家)

  • 四六判・並製本 208頁
  • ISBN4-902116-03-0 C0036
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2003年8月発行
やまぐちは日本一 山・川・海のことづて

やまぐちは日本一 山・川・海のことづて流域の力で産廃を止めた日本一豊かな里、間伐材を魚礁にした林業日本一の村。山口には日本一がいっぱい。農民、漁師、林業者が講師になった大学の講義録。(2004年3月発行)

  • 四六判・並製本・120頁
  • ISBN4-902116-16-2 C0025
  • 定価 800円 (+税)
  • 2004年3月発行
動物登場

自身も無類の猫好きの近世文学研究者が、シェイクスピア、西鶴、内田百間、「もののけ姫」等々190余の文学作品に登場する動物の姿と合わせ鏡で探るヒトと動物たちとの交響楽。

  • 四六判・並製本 244頁
  • ISBN4-902116-14-6 C0095
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2004年4月発行
証言台の母

危険性わずか1%と告げられて手術台に上った娘の命が誤診・術後管理ミスで奪われた。自らも医師である母は大病院と担当医とを訴える。前例のない医療過誤裁判の行方は……。刑事裁判に取材した作品を多く手がけた著者が、初めて民事訴訟を題材に描く迫真のノンフィクション・ノベル。

  • 四六判・並製本・344頁
  • ISBN4-902116-15-4 C0093
  • 定価 1600円 (+税)
  • 2004年6月発行
品切れです
水俣病研究3

従来の水俣病研究の論理とこれからの研究理念との違いを、論文、関西訴訟控訴審関係資料等から提示。水俣病研究における重要資料となるであろう論文を多数掲載。
特集:水俣病論争のすすめ(2004年6月発行)

  • AB判・並製本・216頁
  • ISBN4-902116-22-7 C303623
  • 定価 3000円 (+税)
  • 2004年6月発行
賞味期間一日「余録」抄2001~2003

「賞味期間一日」表紙拉致事件からマツタケの値段まで、政治・経済はもとより社会・世相など森羅万象を俎上に乗せて時代を切り取った毎日新聞伝統コラムのアンソロジー。賞味期限は「一日」、されど食べ物と違って腐るわけでもなく、「一日」「一日」もまとめると「時代の一つの側面が浮かび上がってくる」(あとがき)コラム集。(2004年7月発行)

  • 四六判・並製本・264頁
  • ISBN4-902116-20-0 C0036
  • 定価 1500円 (+税)
  • 2004年7月発行
アジア南回廊を行く

亜大陸=南アジアの混沌を見つめて13年余。内戦、宗教紛争、貧困、IT先進国--ボーン上田賞受賞の特派員が歴史にわけ入り、現場に飛んで、南アジア8カ国(インド、アフガニスタン、パキスタン、ネパール、ブータン、バングラデシュ、スリランカ、モルディブ)の素顔を活写、各国を多角的にレポートする。

  • 四六判・並製本・270頁
  • ISBN4-902116-43-X C0095
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2005年8月発行
品切れです
杉山茂丸伝 アジア連邦の夢

維新以後、近代国家形成にむけて邁進していった政財界の中枢に、常に影のように寄り添いながら世界を見すえた男、杉山茂丸の生涯。日清・日露戦争、日韓併合、五・一五事件、鉄道や港湾の計画など重要な局面では必ず卓越した行動力を発揮した近代の怪物が描いた夢に迫る

  • 四六判・並製本・232頁
  • ISBN4-902116-49-9 C0023
  • 定価 1900円 (+税)
  • 2006年1月発行
 (50件中) 1〜10件目
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.