感染症と日本人

256頁
9784863292185
定価 2100円 (+税)
2020年12月15日発行
紹介

天然痘、コレラ、スペインかぜ、ハンセン病、そして新型コロナウイルス。本書は、これら感染症を医学、生理学、衛生学的に扱ったものではない。過去と現在の感染症の流行が、社会や人間の行動にどのように影響を与えたかをみるものである。
 本書の特徴は、個々の感染症の流行をみるときの切り口(視点)の独自性にある。感染症との付き合い方、さらに感染症と戦争・衛生行政・差別・貧困などの諸問題をどのように乗り越えて行けばよいのか、を具体的な事実を明示しながら提案した労作。

目次

第一章 天然痘(てんねんとう)と種痘―絶望と「歓び」―     疱瘡神・疱瘡祭・錦絵/天然痘の病状と経過 第二章 明治一〇年のコレラ流行―戦争と感染症―     コレラの日本初上陸/千葉県のコレラ一揆 第三章 明治一二年のコレラ大流行―「文明」と「蒙昧(もうまい)」のあいだ―     別府温泉と感染の拡大/コレラ祭という伝統的民俗儀礼 第四章 スペインかぜ「猖獗(しょうけつ)」なり―パンデミックの現実―     スペインかぜのウイルス発見/多難な一九一八(大正七)年 第五章 ハンセン病―偏見・差別・隔離・隠蔽―      高群逸枝がみたらい者/四国の浮浪らい(「乞食遍路」) 終章 新型コロナウイルス感染症――コロナ危機でみえたこと――    格差と貧困と感染症/「一九一八」と「二〇二〇」  ほか

著者

長野 浩典

ながの ひろのり

1960(昭和35)年、熊本県南阿蘇村生まれ。熊本大学大学院修了(日本近現代史)。2020年3月まで大分東明高等学校教諭。著書に『街道の日本史 五十二 国東・日田と豊前道』(共著、吉川弘文館)『ある村の幕末・明治』『生類供養と日本人』『放浪・廻遊民と日本の近代』『西南戦争民衆の記』『川の中の美しい島・輪中』『感染症と日本人』(以上、弦書房)。

弦書房より発行の関連書籍

放浪・廻遊民と日本の近代
西南戦争 民衆の記
生類供養と日本人
川の中の美しい島・輪中