既刊一覧 269件

季語別 岡部六弥太全句集

時代を映し、人間を謳う。5800余の句が語る俳句作りの喜び。福岡市で俳句結社「円」を主催する作者による集大成となる句集。巻末に季語索引を収録。

  • A5判・上製本・332頁
  • ISBN4-902116-19-7 C0092
  • 定価 2857円 (+税)
  • 2004年7月発行
賞味期間一日「余録」抄2001~2003

「賞味期間一日」表紙拉致事件からマツタケの値段まで、政治・経済はもとより社会・世相など森羅万象を俎上に乗せて時代を切り取った毎日新聞伝統コラムのアンソロジー。賞味期限は「一日」、されど食べ物と違って腐るわけでもなく、「一日」「一日」もまとめると「時代の一つの側面が浮かび上がってくる」(あとがき)コラム集。(2004年7月発行)

  • 四六判・並製本・264頁
  • ISBN4-902116-20-0 C0036
  • 定価 1500円 (+税)
  • 2004年7月発行
雷鳴福岡藩 草莽・早川勇伝

雷鳴福岡藩 草莽・早川勇伝 表紙幕末の福岡藩、勤王か佐幕か、血をよぶ藩政動乱の渦中で、西郷・高杉・中岡らと薩長筑連携の道を探って奔走した草莽の志士・早川勇の初の本格的伝記。(2004年7月発行)

  • 四六判・上製本・284頁
  • ISBN4-902116-23-5 C0023
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2004年7月発行
玉葱の画家

『玉葱の画家 青柳喜兵衛と文士たち』表紙夢野久作『犬神博士』の世界を独創的な挿絵で浮き彫りにし、火野葦平『糞尿譚』の装幀を最後の仕事とした画家、青柳喜兵衛。葦平らとの交流を通じて、叙情詩人としての才能も開花させた34年の生涯と、九州の文人たちとの交遊を描く初の評伝。代表作「天翔ける神々」(北九州市立美術館・蔵)他、カラー口絵8ページ掲載。

  • 四六判・並製本・256頁 
  • ISBN4-902116-24-3 C0095
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2004年9月発行
品切れです
南蛮から来た食文化

[著]江後 迪子 鉄砲伝来から明治初期にかけて、海を渡って来た食べもの(肉、砂糖、米、野菜、香辛料、お菓子、酒)がどのように食文化として定着し、生活に根付いたのか。江戸時代の古文書を精査し、さらにポルトガル、スペイン、オ
read more..

  • 四六判・並製本・224頁
  • ISBN4-902116-25-1 C0021
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2004年10月発行
パリ・キュリイ病院

「私は彼女との別離を、その最期の日までに、どのように自分に納得させようかと苦しんできた。しかし、何かが間違っている」……異境で癌に冒され死の床についた妻。異文化との摩擦に苦しみながら懸命に孤独な看病を続ける画学生の夫。その壮絶な闘いの日々を実録をもとに克明に再現した傑作実録レシ。
 70年代に講談社、筑摩書房から相次いで刊行され、傑作の呼び声が高かった作品。長らく絶版となっていたが今回若いファンの強い要望により25年ぶりに復刊が実現した。

  • 四六判・並製本・336頁
  • ISBN4-902116-26-X C0093
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2004年11月発行
品切れです
大豆と豆腐の料理ノート

食べたいのは美味しい、簡単、体にいい料理。著者が自身の体質改善をきっかけに独自に作り出したメニューから、大豆、豆腐の他、湯葉などの大豆製品を取り入れた日々のお惣菜に役立つレシピ68種を紹介。オールカラー。

  • B5判変形・並製本・96ページ
  • ISBN4-902116-29-4 C0077
  • 定価 1200円 (+税)
  • 2004年12月発行
品切れです
三島由紀夫と橋川文三

『三島由紀夫と橋川文三』表紙戦後の三島の自死を誰よりも早く予感した橋川と、橋川を「真の知己」と呼んだ三島との共鳴。しかし「戦前」の自己を「罪」とする橋川、「戦後」の人生を「罪」と自ら処断した三島、二人の戦後のベクトルは逆方向へ向かう。なぜか。
橋川を師と仰ぐ著者が、両者の著作・発言を精査・渉猟し、この戦後史の謎解明に挑んだ労作評論。(2005年1月初版発行、2005年4月2刷)

  • 四六判・上製本・280頁
  • ISBN4-902116-28-6 C0095
  • 定価 2400円 (+税)
  • 2005年1月初版発行発行
ツバメのくらし百科

“越冬つばめ”が増えている?! 尾長のオスはなぜモテる? ツバメのマイホーム事情はどうなっているの?--人間社会との距離を微妙に保ち、環境の変化に負けずしぶとく生きているツバメの生態を追った観察記。スズメ、カラスなど身近な野鳥の生活を著してきた著者の書き下ろし。貴重な写真も多数掲載。

  • 四六判・並製本・208頁 カラー口絵4頁
  • ISBN4-902116-31-6 C0045
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2005年2月発行
感性の祖形 田中幸人美術評論集

『感性の祖形 田中幸人美術評論集』表紙昨春急逝した気鋭の美術評論家(前・熊本市現代美術館長)が、現代美術と美術館の行方、民俗と美術について縦横に論じた美術評論集。中原佑介氏は本書序文の中で「この著作集は氷河期に突入しつつある美術館、さらには美術の現在を、独特な視点による批評を通して明らかにしようとした」と述べている。

  • 四六判・上製本・296頁 
  • ISBN4-902116-33-2 C0071
  • 定価 2400円 (+税)
  • 2005年3月発行
 (269件中) 21〜30件目
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.