既刊一覧 263件

井上馨

長州ファイブのリーダー・井上馨(1835−1915)。虚像と実像のはざまを埋める戦後初の本格評伝。明治維新後に条約改正と向き合い、商社・銀行の創設や財閥の形成など数々の近代化政策を実現させた「三井の番頭」。彼が描いた近代化=欧化政策の本質はどこにあったのか。正確に語られることがなかったその実像を、膨大な資料と縁者からの取材をもとに活写する。

  • A5判・並製・320ページ
  • 978-4-86329-088-4
  • 定価 2400円 (+税)
  • 2013年5月発行発行
ラフカディオ・ハーンの英語教育

ハーンは熊本五高生たちに英語をどのように教えていたのかーー。明治26−27年、ハーンから直接英語を習い、その授業内容を克明に記録した五高生の《講義ノート》が始めて発見された。この貴重なノートから明らかになるハーンの熊本時代の実像。「講義ノート」全文(英文)復刻とその翻刻、日本語訳と注を収録。「講義ノート」発見の経緯とその価値および意義を、比較文化の面から、さらに英語教育上のハーンの独自性について平川祐弘氏(東京大学名誉教授)、西川盛雄氏(熊本大学名誉教授)が解説。ハーン愛好者、英語教育・英語研究者におすすめの貴重な文献。

  • 四六倍判(26㌢×19㌢)144頁
  • ISBN 978-4-86329-085-3 C0021
  • 定価 3200円 (+税)
  • 2013年4月発行
ことばの遠近法

伊東静雄、森澄雄、野呂邦暢、仲町貞子、井上良雄、山田かん、青来有一、谷川俊太郎、安西均、木下杢太郎、野田宇太郎、近藤芳美……作者と読者とが恊働することによってことばを生きいきと立ち上がらせる「創造的」作品論の試み。

  • A5判・上製・336ページ
  • 978-4-86329-084-6
  • 定価 2300円 (+税)
  • 2013年1月発行発行
FUKUOKA U ブックレット 3
考える人・鶴見俊輔

狂気を沈めたリベラルーー鶴見俊輔の仕事を読み解く。いつだって鶴見俊輔はあたらしい。時代の転換点にいつも彼は呼び出されてきた。そして今も……。作家・黒川創と文芸評論家・加藤典洋が戦後思想の巨人を縦横に語る。

  • A5判・並製本・96頁
  • 978-4-86329-087-7
  • 定価 780円 (+税)
  • 2013年3月発行
アジア独立と東京五輪

1964年(昭和39年)東京オリンピック開幕ーーこの時、インドネシアが参加できなかったのはなぜか。
欧米主導のオリンピックと対峙して、インドネシア大統領スカルノが主導したアジア・アフリカを中心にしたもうひとつのオリンピック《ガネホ》=GANEFOに光をあてて、日本、欧米、東南アジアの関係史を検証し、「オランダ」「インドネシア」「近代化(欧化主義)」「オリンピック」「アジア主義」をキーワードに現代を読み解く。

  • 四六判・並製・192ページ
  • 978-4-86329-086-0
  • 定価 1800円 (+税)
  • 2013年2月発行発行
田んぼは野鳥の楽園だ

田んぼに飛来する鳥170余種の観察記。鳥たちは田んぼで何をしているのか。人はどのように鳥たちと交流してきたのか。営々と築かれてきた豊かな自然=田んぼの存在価値を鳥の眼で見たフィールドノート。田んぼは常に変化する。春夏秋冬、それぞれの時季に飛来する鳥の生態を克明に観察、撮影、さらに文献も精査してまとめた労作。田んぼと鳥と人間の博物誌。

  • A5判・270頁
  • 978-4-86329-083-9/C0045
  • 定価 2000円 (+税)
  • 2012年中旬発行
品切れです
謡曲を読もう

観世流謡曲百番集解説集。
「シテ方も詞章も喜怒哀楽を抑制しつつ、他方でシテ方と囃子方との格闘劇。この虚構とリアリズムの微妙な虚実皮膜の境界線に能の本質があるー」珠玉の言の葉の宝庫・謡曲を文学として読む。能を観る、その下準備に。

  • A5判・208頁
  • 978-4-86329-082-2
  • 定価 1400円 (+税)
  • 2012年11月30日発行
伊藤野枝と代準介

新資料でたどる伊藤野枝の真実。
「新らしい女」伊藤野枝。野枝を精神的にも経済的にも深い愛情で支援し続けた代準介。二人の人物像を明らかにするとともに遺族のもとに唯一保管されていた代の自叙伝「牟田乃落穂」から大杉栄、野枝、辻潤、玄洋社・頭山満らの素顔を伝える。

  • A5判・並製・250ページ
  • 978-4-86329-081-5
  • 定価 2100円 (+税)
  • 2012年10月発行
FUKUOKA U ブックレット 2
東アジアとは何か

「東アジアの人びとは、単に経済的な利害によって摩擦するというよりは、その文明的・文化的自尊心によって摩擦する傾向が著しく強い……」。「文明」と「文化」の視点から日中韓摩擦の底流を探る!アジア論の新しい試み。

  • A5判・並製本・64頁
  • 978-4-86329-080-8
  • 定価 650円 (+税)
  • 2012年10月中旬発行
夢野久作と杉山一族

時代を超えて生き続ける夢野久作(1889–1936)。
あの『ドグラ・マグラ』の著者・夢野久作、そして、この作家を生んだ杉山家の血脈を、政財界の黒幕として活躍した父・杉山茂丸(1864-1935)と三人の息子たちを中心に壮大に描く、明治大正昭和の近代史。時代を先取りした発想から生まれた作品、玄洋社とのつながりが深い父・茂丸との葛藤、さらに生涯のテーマ〈自分探し〉の苦悩の源を、ゆかりの地を歩き、縁者に話を聞き、久作らの生きた時代を浮き彫りにする。

  • A5判・並製本・388頁
  • ISBN 978-4-86329-079-2
  • 定価 2800円 (+税)
  • 2012年9月下旬発行
 (263件中) 91〜100件目
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.