本のある生活 327件

第237回 郵便ポストの話

前山 光則  先日、客人2人を案内して南阿蘇や山都町方面へドライブした。まだ紅葉には早すぎたものの、爽やかで、気持ちいい一日であった。  客人のうちのお一人、わたしとあまり変わらぬ年配のご婦人Kさんは、道々、「あら、懐か
read more..

第236回 不知火海のほとりで

前山 光則  10月3日(土曜)、水俣へ用があって出かけたのだが、途中、芦北町あたりから国道3号線を外れて海辺の細道を辿ってみた。  八代から水俣へかけては海岸線が入り組んでいて、たいへん変化に富んだ景色が味わえるのであ
read more..

第235回 「黒餡」 か「赤餡」か?

前山 光則  こないだ水俣へ出かけた時、地元育ちのI氏と一緒に町を歩いていて、大きなマーケットの横に回転饅頭の店を見かけた。「ここに支店があるんですか」と訊ねたら、「昔からそうですが……」、I氏は怪訝そうに応じた。  そ
read more..

第234回 バッタとイナゴ

前山 光則  毎月1回、20人ほどのご婦人たちを相手に読書会の講師を務めている。皆さんわたしより年上で、70歳代が中心だが、とても元気な方たちである。現在テキストに使っているのは夏目漱石の「坊つちゃん」で、面白おかしい場
read more..

第233回 石牟礼弘氏を悼む

前山 光則  8月20日(木曜)、水俣市在住の石牟礼弘氏が亡くなられた。享年89歳であった。  弘氏は作家・石牟礼道子さんの御主人で、二人は昭和22年に結婚。道子さんは短歌や文章を綴るうちに昭和44年1月に講談社から刊行
read more..

第232回 吉井町にて

前山 光則  前回は大分県日田市でのことをレポートしたが、あの日の帰り道、福岡県うきは市に立ち寄った。S氏が、ちょっと会いたい人がいるからというので、つきあったのであった。  日田市から三隈川沿いの国道を走って約30分ほ
read more..

第231回 鮠の甘露煮を買う

前山 光則  先月の17日と18日は用があって大分県日田市へ出かけた。日田は好きな町だ。知り合いの人が三隈川畔の日田温泉郷に宿をとってくれたから、川の近くを散策することができた。ここらは水辺に散歩道路があるので、川面を見
read more..

第230回 温泉都市の戦後

前山 光則  暑いある日、白土康代著『占領下の新聞――別府からみた戦後ニッポン』(弦書房)を読み始めたらおもしろくて止められなくなった。  先の大戦の際に、温泉都市・別府は幸運にも戦災を受けなかったそうである。敗戦と同時
read more..

第229回 電話が不便だったあの頃

前山 光則  もうかれこれ7年間、地元のFMやつしろというラジオでお喋りをしている。第二・第四水曜日の午後1時から2時45分まで、若い女性アナウンサーと一緒に旅行・文芸・世相・地域の話題・うまいもの等について語り合い、番
read more..

第228回 カラスに襲われた

前山 光則  5月下旬から六月上旬にかけてのこと、朝の散歩中に二度、カラスが襲ってきた。  二度とも近所の中学校の正門前の路上であった。一度目は頭へぶつかってきて、わたしの野球帽子をはね飛ばして去って行った。もう、小石で
read more..

 (327件中) 91〜100件目最初へ...[8][9][10][11][12][20][30]...最後へ
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.