産業遺産巡礼 54件

file54 帝国麦酒門司工場醸造棟

市原猛志   【1913年竣工/北九州市門司区/煉瓦造・鉱滓煉瓦造7階建】    最初に見たとき、多くの見学者がその姿に圧倒される。煉瓦造でこれだけの階層をもった建物は日本において稀有であり、今では建築基準法上建てること
read more..

file53 門司麦酒煉瓦館

市原猛志   【1913年竣工/北九州市門司区/鉱滓煉瓦造・鉄筋コンクリート造2階建】    ゴールデンウィーク期間中、門司港界隈では各種のイベントが催され、多くの観光客でにぎわうが、そこから電車でふた駅のところにある門
read more..

file52 三井化学J工場

市原猛志   【1938年竣工/福岡県大牟田市/鉄筋コンクリート造6階建】    建物における、いわゆるモダニズムと呼ばれる様式には、いくつかの鉄則があるが、その最たるものに構造と機能の一致が挙げられる。建物がその要求さ
read more..

file51 龍湖瀬坑

市原猛志   【1873年開鑿/福岡県大牟田市/炭鉱跡】    三池炭鉱は筑豊や長崎などの炭鉱地帯と違い、その炭鉱史のほとんどの期間を三井一社が採掘していたが、明治初期には官営炭鉱としての歴史を持っていた。明治初期の官営
read more..

file50 三池炭鉱万田坑

市原猛志   【1910年竣工/福岡県大牟田市/煉瓦造二階建他】    今や世界遺産としての名で知られる三池炭鉱万田坑は、1997年に国の重要文化財に指定されるまでは、その価値を関係者以外に知られることがなく、ひっそりと
read more..

file49 旧三井港倶楽部

市原猛志   【1908年竣工/福岡県大牟田市/木造2階建】    初めて大牟田を訪れてから、もう20年近く経とうとしている。来るたびに産業遺産としても、食の上でも魅力にあふれたところで、当然その両方を兼ね備えた施設もあ
read more..

file48 三井三池炭鉱三川坑

市原猛志   【1940年以降建造/福岡県大牟田市/木造平屋建施設他】    港の次に訪れたのは、港に比較的近い位置に設けられたかつての炭鉱施設で、戦後最大の炭鉱事故で知られる三川坑であった。三井三池炭鉱のなかでもこの三
read more..

file47 三池港施設群

市原猛志   【1909年完成/福岡県大牟田市/木造平屋建動力室・煉瓦造水門他】    2015(平成27)年の「明治日本の産業革命遺産」世界遺産登録以降、大牟田市では炭鉱遺産の観光に向けた整備が進められている。その中で
read more..

file46 池島炭鉱社宅群

市原猛志   【1952年以降建造/長崎県長崎市池島/鉄筋コンクリート造7階建他】    明治維新とともに多くの炭鉱がつくられた九州においても、21世紀まで長く稼動を続けた炭鉱はたったひとつであった。その最後の炭鉱となっ
read more..

file45 出津救助院

市原猛志   【1883年竣工/長崎県長崎市/木造2階建】    九州西部にあるキリスト教教会群を中心とした「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」という世界遺産候補が今年(2018)審議される。この構成資産に取り上げ
read more..

 (54件中) 1〜10件目
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.