弦書房は九州・福岡を拠点に2002年12月に誕生した出版社です。
著者と読者をつなぐ小さなメディアですが、この絆を大切にした本作りを心がけて参ります。

第339回 この頃、ようやく

Published 12月 7, 2018 at 12:59 PM - No Comments

前山 光則  この頃、ようやく本が読めるようになったと思う。去る7月18日に妻が亡くなって以来、調べ物のために必要があって目を通す本はあったものの、進んで読書をしようという気持ちになれなかった。それが、この頃、少し違ってきた。  山崎光夫著『胃腸・癇癪・夏目漱石』(講談社)は新聞社から書評依頼があって読んだ本であるが、書名が示すと...
続きを読む..

五高・東光会

Published 11月 14, 2018 at 3:07 PM - No Comments

彼らが守ろうとした精神、そして後世に伝えようとしたことは何か。 大正12年(1923)、熊本の旧制第五高等学校に「東光会」という学生団体が誕生した。「光は東方より」をもじったこの会の志は高く、当時、...
続きを読む..

弦書房週報 第62号

Published 10月 27, 2017 at 2:19 PM - No Comments

渡辺京二さんが初めてまとめた自らの水俣病闘争論集『死民と日常《私の水俣病闘争》』の発売と、石牟礼道子生誕90年を記念して、福元満治(石風社代表、元・水俣病を告発する会会員)さんと米本浩二さん(『評伝 石牟礼道子』著者)の対談を開催します。   水俣病闘争とは何だったのか、 他の市民運動とは何が違うのか、 石牟礼道子は何を著し、渡辺...
続きを読む..

Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.