弦書房は九州・福岡を拠点に2002年12月に誕生した出版社です。
著者と読者をつなぐ小さなメディアですが、この絆を大切にした本作りを心がけて参ります。

file10 半田赤レンガ建物

Published 2月 27, 2017 at 10:14 AM - No Comments

市原猛志 【半田赤レンガ建物(1898年竣工)愛知県半田市】    11月の産業考古学会全国大会と赤煉瓦ネットワーク全国大会の日程がかぶってしまい、どちらも参加する必要があったことから、学会は研究発表大会の途中で中座し、新幹線に乗り込み、名古屋経由で愛知県半田市に向かう。半田、といわれてもぴんとこない方が多いかもしれないが、ここ...
続きを読む..

熊本地震2016の記憶

Published 2月 15, 2017 at 10:28 AM - No Comments

人間は捨てたものではない、いま私は強くそう感じている。未来の人間のあらまほしき姿が、惨事の中から立ち現われた。3.11のときもそうだったのだろう。これから必然となる復興の過程で、この姿が歪んだり、消え...
続きを読む..

弦書房週報 第60号

Published 12月 21, 2015 at 4:21 PM - No Comments

2012年に、社会学者・見田宗介氏による『現代社会はどこに向かうか』を第1巻めとして刊行をはじめて以来、好評を得ている「FUKUOKA U ブックレット」。今月上旬の『林権澤は語る』の刊行で第10巻めとなります。 そこで、ジュンク堂書店福岡店にて「FUKUOKA U ブックレット 第10巻刊行記念フェア」を開催しています。1〜10巻まで...
続きを読む..

Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.