弦書房は九州・福岡を拠点に2002年12月に誕生した出版社です。
著者と読者をつなぐ小さなメディアですが、この絆を大切にした本作りを心がけて参ります。

第294回 あれから一年

Published 4月 28, 2017 at 4:58 PM - No Comments

前山 光則  4月中旬は、弦書房から刊行されたばかりの『熊本地震2016の記憶』を読んだり日記を取り出して記憶を確かめたりしながら、地震のことを思い返して過ごした。  去年の4月14日、午後9時25、6分頃だった。2階で寝に就いたばかりだったが、激しく揺すられて飛び起きた。以後、眠れず、八代は震度5であるとか、それより熊本市や益城...
続きを読む..

鎖国の地球儀

Published 4月 17, 2017 at 3:34 PM - No Comments

江戸期の庶民の心をとらえた世界地理風俗の案内書の決定版! 本を開けば、異国あり。 日本で最初の天文地理学者・西川如見による『華夷通商考』(1695年刊)とそれを充実させた『増補華夷通商考』(1708...
続きを読む..

弦書房週報 第60号

Published 12月 21, 2015 at 4:21 PM - No Comments

2012年に、社会学者・見田宗介氏による『現代社会はどこに向かうか』を第1巻めとして刊行をはじめて以来、好評を得ている「FUKUOKA U ブックレット」。今月上旬の『林権澤は語る』の刊行で第10巻めとなります。 そこで、ジュンク堂書店福岡店にて「FUKUOKA U ブックレット 第10巻刊行記念フェア」を開催しています。1〜10巻まで...
続きを読む..

Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.