弦書房は九州・福岡を拠点に2002年12月に誕生した出版社です。
著者と読者をつなぐ小さなメディアですが、この絆を大切にした本作りを心がけて参ります。

弦書房週報 第60号

Published 12月 21, 2015 at 4:21 PM - No Comments

2012年に、社会学者・見田宗介氏による『現代社会はどこに向かうか』を第1巻めとして刊行をはじめて以来、好評を得ている「FUKUOKA U ブックレット」。今月上旬の『林権澤は語る』の刊行で第10巻めとなります。 そこで、ジュンク堂書店福岡店にて「FUKUOKA U ブックレット 第10巻刊行記念フェア」を開催しています。1〜10巻まで...
続きを読む..

魂の道行き

Published 8月 25, 2016 at 11:11 AM - No Comments

近代化が進んでいく中で、じわりじわりと壊され続けてきた、さまざまな共同性(人と人の絆、人と自然の調和、自己の中にあるべき心と体の交流)をどうすれば取りもどせるのか。思想家としての石牟礼道子のことばを糸...
続きを読む..

第269回 「草枕」の中の一節

Published 8月 19, 2016 at 1:46 PM - No Comments

前山 光則  8年前から、主婦の方たちの読書会の講師を務めている。例会は月に1回行われ、所定のテキストを読み、感想を述べ合うのが愉しい。先々月から取り組んでいるのが夏目漱石の「草枕」だが、それで、発見があった。  主人公の画工が那古井の宿に泊まって、夜中、目が覚める。障子を開けて外の夜景を見ていると、背の高い女の影が動いたように思...
続きを読む..

Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.