コラム“晴耕雨読”  611件

第296回 小鹿田の里にて

前山 光則  4月22日は、朝の8時前には杖立温泉を発って大分県日田市へ出た。そして日田で、友人のI氏と共に作家・河津武俊氏と会った。河津氏の『肥後細川藩幕末秘聞』(弦書房)の文庫版が出来上がったばかりとのことで、若葉繁
read more..

第十六回 電信柱が語る

浦辺登   『南洲遺訓に殉じた人びと』16    平成二十八(二〇一六)年六月、一本の電柱に看板が付いた。場所は現在の福岡県筑紫野市二日市中央四丁目になる。その電柱看板には「二日市の夢野久作」として、夢野久作が書いた『父
read more..

file17 カトリック瀬留教会

市原猛志   【カトリック瀬留教会(1908年竣工)鹿児島県大島郡龍郷町】    奄美地区を代表する教会のひとつが、この瀬留教会である。1908年に竣工した教会建築が奄美大島に現存しているということで、何はともあれいちば
read more..

第295回 温泉場にて

前山 光則  4月21日、杖立温泉に一人で泊まった。谷あいの、昔からある温泉場。湯治場の気どらぬ雰囲気が今も濃厚で、好感が持てるのである。だから、以前から一度ゆっくりここで過ごしてみたいもんだと思っていた。  熊本市方面
read more..

第十五回 幻の薩長筑同盟

浦辺登   『南洲遺訓に殉じた人びと』15    慶応二(一八六六)年一月二十一日、京都の薩摩藩邸で「薩長同盟」が成立した。薩摩の西郷吉之助(隆盛)、小松帯刀、長州の木戸貫治(孝允)らが出席し、坂本龍馬が立会人だった。こ
read more..

第294回 あれから一年

前山 光則  4月中旬は、弦書房から刊行されたばかりの『熊本地震2016の記憶』を読んだり日記を取り出して記憶を確かめたりしながら、地震のことを思い返して過ごした。  去年の4月14日、午後9時25、6分頃だった。2階で
read more..

file16 永田橋市場

市原猛志   【永田橋市場(1968年竣工)鹿児島県奄美市】    奄美での講演会の翌日は、まちあるきイベントと周辺地域の案内があった。名瀬市街でのまちあるきイベントは、まちの成立を役場をはじめとした行政機関の移転を軸と
read more..

第十四回 「加藤司書公に学ぶ」会を節信院で開く

浦辺登   『南洲遺訓に殉じた人びと』14    銅像の代わりに大きな石玉がある加藤司書公の台座だが、銅像を再建しようとの動きが出てきた。そのキックオフとしての講演会が三月二十五日(平成二十九年)の午後、節信院(福岡市博
read more..

file15 カトリック芦花部教会

市原猛志   【カトリック芦花部教会(1929年竣工)鹿児島県奄美市】    奄美大島は起伏に富んだ地形を持っており、南北を自転車で縦断しようとすると、かなり難易度が高くなる。それゆえに、集落同士を隣り合って見ることは少
read more..

第293回 火鉢にあたりながら

前山 光則  4月10日、八代市坂本町の木造3階建て鶴之湯旅館に気の置けない者たち13人が集まり、にぎやかに花見会が行われた。  そこは八代市の中心街から15㎞ほど谷を溯った球磨川右岸に立地しており、旅館の下は清流が音を
read more..

 (611件中) 91〜100件目
Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.